BIGLOBE、国内での無線LANサービスにもiPassローミングを採用。あらたに500カ所で利用可能に | RBB TODAY

BIGLOBE、国内での無線LANサービスにもiPassローミングを採用。あらたに500カ所で利用可能に

ブロードバンド その他

 BIGLOBEは、無線LANスポット対応を強化するため、「iPassブロードバンド」として提供しているアイパス社のローミングサービスを、12月15日より国内についても採用すると発表した。キャンペーン期間として、12月15日から1月31日まで、日本国内でのiPassブロードバンドを無料で提供する。

 これまでBIGLOBEではアイパスローミングを海外向けに採用していたが、国内でも使用可能になったことで、国内外で同じ接続ソフト「iPassConnect 3.1」を使って接続できるようになった。
 国内の無線スポットの利用料金は8円/分。(海外は、従来どおり40円/分)

 なお、成田空港はこれまで「海外ローミング」扱いとされていたが、この国内対応によって成田空港が国内(8円/分)に変更となっている。
《伊藤雅俊》

編集部のおすすめ記事

特集

page top