自動車の次は工作機械に搭載。auの通信モジュールを森精機が採用 | RBB TODAY

自動車の次は工作機械に搭載。auの通信モジュールを森精機が採用

ブロードバンド その他

 森精機製作が製造する工作機械にauのCDMA2000 1xの通信モジュールが2004年1月より搭載される。同社は、NC旋盤、マシニングセンタ、複合加工機を製造する工作機械メーカ。

 これまでも工作機械の稼働状況の管理やメンテナンス、保守のサービスが提供されていた。しかし、工場外からの監視ができなかったり、工場ごとにサーバを設置したりする必要があった。

 今回のようにCDMA2000 1xのモジュールを内蔵することで、工作機器と工場外との通信が確保される。これにより、各工作機械の稼働状況などを森精機が一括で管理できるのだ。

 同社では、24時間の遠隔監視が可能になり、故障時にはより迅速な対応ができるようになるとしている。
《安達崇徳》

特集

page top