アルファブリッジ、「PuCa」でドラネット・毎日ウィークリーを有料配信--nifty、BIGLOBEら5社との連携で | RBB TODAY

アルファブリッジ、「PuCa」でドラネット・毎日ウィークリーを有料配信--nifty、BIGLOBEら5社との連携で

エンタメ その他

 ブロードバンドコンテンツの総合配信事業を行うアルファブリッジは、2002年11月より提供中のコンテンツ自動配信サービス「PuCa(プーキャ)」において、主要ISP5社と課金・決済システムを連携し、有料コンテンツの配信を4月7日に開始した。

 現在、小学館の子供向け英語学習コンテンツ「ドラネット・プーキャ」(月800円・毎週配信)、毎日新聞の英字週刊紙「毎日ウィークリー」のデジタル版「MAINICHI WEEKLY DIGITAL」(月500円・毎週配信)の有料配信が開始されている。

 提携ISPはOCN(3月26日より)、BIGLOBE(4月7日より)、nifty(以下、5月6日より)、DION、ODNの5社で、ユーザは「PuCaコンテンツナビ」のほか、各ISPサイトを通じてコンテンツを購読することができる。

 「PuCa」は常時接続・ブロードバンド環境のユーザを対象に、購読登録コンテンツを指定時間にユーザのハードディスク内に自動配信するサービス。ユーザは自分のパソコン内に蓄積されたコンテンツを、回線状況による影響を気にせず好きなときに視聴できる。上記有料コンテンツのほか、イエローキャブの巨乳アイドル6人が熱演する「キューティーハニー R.C.T. with MEGUMI」、松井選手の現地での記者発表やインタビュー映像を伝える「Godzilla Matsui as a New York Yankee」など無料コンテンツも充実している。

 4月23日までは、専用プレイヤー「PuCaプレーヤー(無料)」をインストールしてコンテンツを購読すると液晶テレビ、ディズニーシーのパスポートなどが当たる「春のPuCa体験キャンペーン!」、メールマガジンに登録すると2,000円分のQUOカードが当たる「メルマガ登録キャンペーン」と2つのキャンペーンを実施している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top