米アイパス、成田空港で無線LANのグローバル・ローミング・サービスを開始 | RBB TODAY

米アイパス、成田空港で無線LANのグローバル・ローミング・サービスを開始

エンタープライズ モバイルBIZ

 インターネット・ローミング事業者である米アイパスは、成田空港におけるIEEE802.11bベースの無線LANによるローミング接続サービスを開始する。本格的なサービス開始は11月中になる予定だ。

 現在、アイパスとブロードバンドローミングの接続サービスを提供している国内の事業者はBIGLOBE 1社だが、ダイヤルアップでのローミングではBIGLOBEやDIONをはじめ23社にのぼる。現時点で今回のサービスの提供を表明しているのはBIGLOBEのみだが、今後は他社も追従するものと思われる。

 現在、BIGLOBEがアイパスとの間で設定している「iPassブロードバンド」ローミングコースは米国の空港やホテルなど約800か所で利用でき、料金は1地点で1日あたり1,800円の固定料金制。これに、利用可能地点のリストに成田空港が加わる。接続には、IEEE802.11bの無線LANカードのほか、iPassConnectソフトウェア(Web上からダウンロード可能)が必要。同ソフトはWindows 95/2000/NT 4.0/Me/98/XPに対応している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top