1日で設置・運用開始が可能な山間部水位監視システム……日本電業工作 3枚目の写真・画像 | RBB TODAY

1日で設置・運用開始が可能な山間部水位監視システム……日本電業工作 3枚目の写真・画像

 日本電業工作(DENGYO)は19日、長距離マルチホップ方式920MHz+3Gでスタンドアローン運用できる「Muセンサ 自然環境監視システム」を開発したことを発表した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

山間部での利用イメージ。920MHz帯のマルチホップ無線により、携帯エリア外の水位監視が可能だ(画像はプレスリリースより)
山間部での利用イメージ。920MHz帯のマルチホップ無線により、携帯エリア外の水位監視が可能だ(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

    防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

  2. 富士通、小型無線基地局装置をドコモに出荷……山間部エリアなど拡大へ

    富士通、小型無線基地局装置をドコモに出荷……山間部エリアなど拡大へ

  3. 【マイナンバーQ&A】アルバイト従業員のマイナンバー管理はどうすればいいのか?<法人編>

    【マイナンバーQ&A】アルバイト従業員のマイナンバー管理はどうすればいいのか?<法人編>

  4. アンリツと韓GCT、4x4 MIMOで下り300Mbpsの安定通信に業界初成功

  5. 年間150万人を集客! 人口3500人の村を変えた「道の駅」の存在

  6. NEC、小規模病院向け電子カルテシステムをSaaS型で提供 ~ 「MegaOakSR for SaaS」発売

  7. 教育の質を評価する大学ランキング、東大は12位とアジア最高水準

  8. オムロンがパチンコの“のめり込み”防止技術! 顔認証システム活用

  9. 【富士通フォーラム(Vol.9)】投資コストと消費電力を削減——ストレージの仮想化技術

  10. 西武バス、IC定期券購入にクレジット決済開始

アクセスランキングをもっと見る

page top