1日で設置・運用開始が可能な山間部水位監視システム……日本電業工作 4枚目の写真・画像 | RBB TODAY

1日で設置・運用開始が可能な山間部水位監視システム……日本電業工作 4枚目の写真・画像

 日本電業工作(DENGYO)は19日、長距離マルチホップ方式920MHz+3Gでスタンドアローン運用できる「Muセンサ 自然環境監視システム」を開発したことを発表した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

最大3機の中継機によるデータの長距離リレー中継が可能。データは3G回線でクラウドに蓄積される(画像はプレスリリースより)
最大3機の中継機によるデータの長距離リレー中継が可能。データは3G回線でクラウドに蓄積される(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【連載「視点」】売上げ好調のくら寿司、ライバルはコンビニ

    【連載「視点」】売上げ好調のくら寿司、ライバルはコンビニ

  2. 大日本印刷とオリックス・レンテック、デジタルサイネージ機器のレンタルサービスを開始

    大日本印刷とオリックス・レンテック、デジタルサイネージ機器のレンタルサービスを開始

  3. 【インタビュー】APT及川直彦氏……データと直感、ビジネス実験という考え方

    【インタビュー】APT及川直彦氏……データと直感、ビジネス実験という考え方

  4. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  5. 医療情報システム刷新の要諦――帝京大学 澤智博教授

  6. 【インタビュー】情報産業は地方創生の起爆剤……エネルギア・コミュニケーションズ

  7. 【浅羽としやのICT徒然】第4回 NaaSを阻むネットワークの境界とSDN

  8. 【視点】三重県の町工場から生まれた「魔法のフライパン」の開発秘話

  9. 【マイナンバーQ&A】従業員へのマイナンバー教育は必要なのか?<法人編>

  10. 先行車検知、白線検知など、トヨタが自動運転技術初公開へ

アクセスランキングをもっと見る

page top