富士通、SOAに対応したメインフレーム連携ソフト「Interstage Host Access Service」 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通、SOAに対応したメインフレーム連携ソフト「Interstage Host Access Service」 1枚目の写真・画像

 富士通は20日、SOA対応メインフレーム連携ソフトウェア「Interstage Host Access Service V10」の販売を開始した。プロセッサライセンスの価格は1,300万円から。

ブロードバンド その他

関連ニュース

「Interstage Host Access Service」利用イメージ図
「Interstage Host Access Service」利用イメージ図

編集部おすすめの記事

特集

ブロードバンド アクセスランキング

  1. 年賀はがき、販売スタート……特設サイト「郵便年賀.jp」もオープン

    年賀はがき、販売スタート……特設サイト「郵便年賀.jp」もオープン

  2. iBeaconはどんなデータをやり取りしているのか?……その仕組みとセキュリティ

    iBeaconはどんなデータをやり取りしているのか?……その仕組みとセキュリティ

  3. 桜の開花はどうやって予想する? どの木に何輪咲いたら開花なの?

    桜の開花はどうやって予想する? どの木に何輪咲いたら開花なの?

  4. 日本郵便、A5サイズ・180円の新しい封筒型郵便サービス「スマートレター」開始

  5. 仕事が早すぎるフリー素材サイト「いらすとや」が話題に

  6. 【インタビュー】アフターサービス品質に自信!ドコモiPhone 6/6 Plusの特徴は?

  7. YouTube、一部の人だけが視聴可能な「限定公開」機能を追加

  8. 【防災の基礎知識】「警報と注意報」「避難指示と避難勧告」はどう違うの?

  9. ワイモバイル、「つながるマップ」の利用者情報を紛失

  10. LTE通信環境の分析レポート……47都道府県中41か所でKDDIが優勢に

アクセスランキングをもっと見る

page top