富士通BSC、オンメモリDBサーバにCPUコアライセンス体系を導入〜インテルXeonにも対応 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通BSC、オンメモリDBサーバにCPUコアライセンス体系を導入〜インテルXeonにも対応 1枚目の写真・画像

 富士通ビー・エス・シーは本年8月上旬より、高速オンメモリデータベース製品「Oh-Pa 1/3 Data Server」に新製品体系を導入、対応プラットフォームにインテルXeonプロセッサを加えて発売を開始する。

エンタープライズ その他

関連ニュース

従来型DBとの比較
従来型DBとの比較

編集部おすすめの記事

エンタープライズ アクセスランキング

  1. NEC、国内最小クラスのワークステーション「Express5800/50」シリーズの新製品を発売

    NEC、国内最小クラスのワークステーション「Express5800/50」シリーズの新製品を発売

  2. NHK、高機能IPビデオルーターを開発……使用状況に応じ帯域制御が可能

    NHK、高機能IPビデオルーターを開発……使用状況に応じ帯域制御が可能

  3. 【連載「視点」】京都の伝統工芸が動き出した!新しい価値観を世界に発信する職人たち

    【連載「視点」】京都の伝統工芸が動き出した!新しい価値観を世界に発信する職人たち

  4. 不正行為検知機能付きのパチンコ台向けセキュリティセンサー

  5. J:COM、牧俊夫氏が代表取締役社長に就任……「新生J:COM誕生の年」

  6. リアルタイムに書き込み共有できる協働学習支援アプリ「MetaMoJi Share for ClassRoom」

  7. KDDI、「さっぽろ雪まつり」でARを活用した宝探しイベントを実施

  8. 代ゼミ、最新の大学難易ランキングを発表

  9. NEC、DWHアプライアンス「InfoFrame DWH Appliance」の高速バックアップモデルを新発売

  10. セコム、介護向けの食事支援ロボット「マイスプーン」を展示

アクセスランキングをもっと見る

page top