富士通BSC、オンメモリDBサーバにCPUコアライセンス体系を導入〜インテルXeonにも対応 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通BSC、オンメモリDBサーバにCPUコアライセンス体系を導入〜インテルXeonにも対応 1枚目の写真・画像

 富士通ビー・エス・シーは本年8月上旬より、高速オンメモリデータベース製品「Oh-Pa 1/3 Data Server」に新製品体系を導入、対応プラットフォームにインテルXeonプロセッサを加えて発売を開始する。

エンタープライズ その他

関連ニュース

従来型DBとの比較
従来型DBとの比較

編集部おすすめの記事

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【インタビュー】ホームネットワーク化のためのモバイル対応にも着手……イッツコム・市来社長

    【インタビュー】ホームネットワーク化のためのモバイル対応にも着手……イッツコム・市来社長

  2. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  3. 【視点】三重県の町工場から生まれた「魔法のフライパン」の開発秘話

    【視点】三重県の町工場から生まれた「魔法のフライパン」の開発秘話

  4. 富士火災、独自のマーケティング手法が評価され「CRMベストプラクティス賞」を受賞

  5. 大阪市営地下鉄、全区間で携帯電話サービスが利用可能に

  6. 【連載・視点】19歳はリフト代タダ!業界を動かしたビジネスモデル

  7. ICカード&暗証番号認証付きスマートロックの数々……セキュリティや利便性向上で注目

  8. 防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

  9. NKワークス、防犯カメラの画像解析ソフト「AccuSmart Vision Standard」を捜査機関向けに発売

  10. リアルタイムでPCから視聴できる業務用ドライブレコーダーが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top