富士通BSC、オンメモリDBサーバにCPUコアライセンス体系を導入〜インテルXeonにも対応 | RBB TODAY

富士通BSC、オンメモリDBサーバにCPUコアライセンス体系を導入〜インテルXeonにも対応

エンタープライズ その他

従来型DBとの比較
  • 従来型DBとの比較
 富士通ビー・エス・シーは本年8月上旬より、高速オンメモリデータベース製品「Oh-Pa 1/3 Data Server」に新製品体系を導入、対応プラットフォームにインテルXeonプロセッサを加えて発売を開始する。

 「Oh-Pa 1/3 Data Server」は、従来のリレーショナルデータベースを補完し、リレーショナルデータベースが苦手とする大規模データ一括処理の高速化を実現するオンメモリデータベースだ。

 新体系では、Oh-Pa 1/3 Data ServerがインストールされるハードウェアのCPUコア数に応じた製品体系を導入する。これにより、ニーズの規模に応じた段階的な導入が可能となり、従来の1サーバあたり3000万円(標準価格)に比べ、少ない投資によるシステム構築が可能となる。価格はすべてオープン価格で、4コアまで、8コアまで、16コアまで、24コアまで、32コアまでの5体系に分かれ、さらに4コア単位での追加が可能。

 また対応プラットフォームとして、従来のインテルItanium 2プロセッサに加え、Xeonプロセッサが追加される。これにより、業務サーバ、部門サーバなど、基幹システム以外のさまざまな分野や用途においても、Oh-Pa 1/3 Data Serverの導入が容易になるとしている。対応OSはいずれもRedHat Enterprise Linux ASとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

page top