暢子、和彦への想いを断ち切る!「キレイさっぱり諦める」『ちむどんどん』第62話 | RBB TODAY

暢子、和彦への想いを断ち切る!「キレイさっぱり諦める」『ちむどんどん』第62話

エンタメ 映画・ドラマ
『ちむどんどん』第62話 (c)NHK
  • 『ちむどんどん』第62話 (c)NHK

 5日放送の連続テレビ小説『ちむどんどん』第62話では、暢子(黒島結菜)が愛(飯豊まりえ)に、あることを伝える。

 料理人3人が退職したフォンターナでは、房子(原田美枝子)が急きょシェフとして厨房に立ち、切り盛りすることに。暢子も同じく多忙な1日を終えた後、厨房に残り、明日の仕込みをしていた。そこへ愛が突然、店を訪れる。

 暢子は「うちも愛さんに話したいことがあった」と切り出すと、「うち…。和彦君のことが好き。自分でも、ず~っと全然気付いてなかったけど、好きって分かってしまったわけ。でもさ、諦める」「好きだけど、キレイさっぱり諦める」とまさかの告白。

 そして「愛さんにウソはつきたくないから、全部言ってしまいたくて。困らせるようなこと言ってごめんね」と詫びる。暢子の正直さに、愛は戸惑いつつも「すごいね暢子ちゃんは」と、むしろ感心する。続けて「暢子ちゃんにとっての幸せって、恋愛より仕事?」と聞くと、暢子は「正直、何が幸せか分からないけど、でも今は料理の仕事に、デージ、ちむどんどんしてる!」と胸躍らせていた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top