日向坂46『僕なんか』振付に込められた2つのメッセージが解禁! | RBB TODAY

日向坂46『僕なんか』振付に込められた2つのメッセージが解禁!

エンタメ 音楽
日向坂46 7thシングル「僕なんか」
  • 日向坂46 7thシングル「僕なんか」

 日向坂46が、28日放送の音楽番組『Venue101』(NHK)に初出演。7thシングル『僕なんか』を披露。さらに同曲の振付に込められた2つの謎も明かされた。

 27日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に続き、2度目のパフォーマンスとなった『僕なんか』。その振付の特徴の1つは、これまでの笑顔とハッピーオーラがあふれるアクトとは違い、クールな表情で、サビの振付もその場で足を動かさずに表現するというもの。

 これについて彼女たちの曲を多く手がけてきた振付ユニット・CRE8BOYによると、今までの日向坂の曲のイメージは花だったが、今回の新曲は“根っこ”。つまり、花を下で支える根、なのだとか。金村美玖も「今回は雨風にも負けない、根っこのような力強さがあるダンスナンバーとなっています」と解説した。

 また佐々木美玲は、「CRE8BOYさんから『今まで自分たちが“僕なんか”と思ったときを想像してダンスして』と言われて、それがやっぱり難しかった」と吐露。さらに同曲の特徴の2つ目が、「超高速の手振り」。そこに隠されたメッセージは、日向坂46を示す、手でカタカナの「ヒ」を表したポーズ。この後、彼女たちは同曲を、小坂菜緒をセンターに力強くパフォーマンスした。

 ステージを終えた彼女たちに、かまいたち濱家隆一は「超高速の手ぶり凄かったですよね。かっこよかった」と賛辞。また同じくゲストのGENERATIONS from EXILE TRIBE・数原龍友が「さすが46というだけあって、(『ヒ』ポーズが)46回出てきましたよね」とボケると、小坂や金村、渡邉も大笑いしていた。

 
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top