7月木曜劇場『純愛ディソナンス』に筧美和子・眞島秀和らの出演決定!シーン写真も初解禁 | RBB TODAY

7月木曜劇場『純愛ディソナンス』に筧美和子・眞島秀和らの出演決定!シーン写真も初解禁

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ

 フジテレビ系で7月からスタートする木曜劇場『純愛ディソナンス』(毎週木曜22時~)。今回、追加キャストとして筧美和子、眞島秀和、富田靖子、光石研の出演が発表された。

 主演・中島裕翔が初の教師役に挑み、吉川愛演じる女子生徒との禁断の関係を描いていく“純愛×ドロドロ”ドラマ。大きく分けて2部構成となる今作の前半は、とある高校が舞台。新任の音楽教師としてやってきた正樹だったが、校内では正樹の前任教師の失踪事件で大きく揺れていた。単なる教師と生徒という間柄で出会っただけの2人が、徐々に絆を深めていく...。正樹はいつしか自分の中で冴に対する特別な感情に気付きはじめる。決してそれを恋だと認めたくない正樹、一方の冴は恋だと信じて疑わない。本心で向き合えないまま決別する2人だが、ひょんなことから5年後に再会。冴は成人を迎え、2人の間には障害は何も無いはずだった。しかし、正樹には妻がいた。5年後の舞台では“セカンドパートナー”という昨今話題となっている新しい概念も加わり、より複雑な関係性となっていく。

 新たに出演が決まった4人だが、筧は中島演じる新田正樹の赴任先の桐谷高校で音楽教師をしていた小坂由希乃を、眞島は和泉冴(吉川)の担任教師・加賀美理役に。また富田は冴の母親・和泉静、光石は物語の第2部で正樹が勤めるモノリスエステートの社長役に決まった。

 そして、このほど、クランクイン間もない同ドラマからシーン写真が公開。冴のクラスメート・慎太郎、常松翔太(浦上晟周)、高田蓮(丈太郎)、染谷結奈(伊藤萌々香)など、第1部の物語で要となる人物たちの写真が解禁されている。この面々が、正樹と冴の純愛による“ディソナンス=不協和音”にどのように翻弄されていくのか見どころだ。なお、今回出演が決まった4人のコメントは次の通り。

【追加キャストコメント】
◆筧美和子
「すごくピュアで刺激的で、人間らしさの詰まった作品だと感じました。私が演じる小坂由希乃は生徒たちからすごく愛されていて、彼女自身も生徒たちへの愛情にあふれています。でも実は行き場のない寂しさを抱えていて…言い表せないくらい繊細で逞しい人だと感じました。現場では些細(ささい)なことでも生徒のみんなからもらう感情にすごく救われています。物語のキーともなるこの役を演じられることは不安もありますが、すごく光栄です。しっかりと向き合い築いていけたらと思います」

◆眞島秀和
「中島さんと吉川さんの爽やかでありながらミステリアスな雰囲気を感じながら、楽しく撮影に参加しております。オリジナル作品ということで、先々の展開がとても気になります。同僚の教師役として視聴者の皆様と一緒に盛り上げていきたいです。よろしくお願い致します」

◆富田靖子
「すべての登場人物が闇を抱えている、この『純愛ディソナンス』。美しく、生々しく、時々笑ってしまう脚本にドキドキしています。さらに『ディソナンス』な作品になるよう、完全不協和音と美しい不協和音が奏でられるよう思考しています。撮影が始まって少し経ちますが、新田先生に、こんなに早く挑戦状をたたきつけられるとは…。『ディソナンス』返しをしなければ!刺激的な撮影です」

◆光石研
「金と己だけを信じ、野心を振りかざす。自分自身、暦がめぐり、この様な役をいただけることに幸せを感じております。若き猛者をお相手に、自分がどこまでできるのか。チャレンジでもあります。今から、撮影現場が楽しみです!」


《KT》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top