日テレ・桝太一アナ、3月いっぱいで退社 4月からは同志社大学の助教の職に | RBB TODAY

日テレ・桝太一アナ、3月いっぱいで退社 4月からは同志社大学の助教の職に

エンタメ その他
【PICK UP】

 日本テレビ・桝太一アナが、23日放送の『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)で、3月いっぱいで同局を退社することを報告した。

 オープニング、桝アナは「番組の冒頭で恐縮ですが、まず、個人的な報告の時間を頂くことをご容赦ください」と前置きした上で、「私は3月をもって、日本テレビを退職し、大学の研究所員に転職することにいたしました」と告げた。

 続けて「これまで16年間、アナウンサーとして、皆様にさまざまな情報をお伝えしてきましたが、自分の中でずっと課題であると感じてきたのは、科学的なことをテレビでもっと分かりやすく的確に伝えることができないかという部分でした」と説明。

 また「これからよりよい科学の伝え方について、もっと深く考えて、それを実践していくためにはどうすればよいか考えた結果、新年度からは、同志社大学ハリス理化学研究所の助教として、サイエンスコミュニケーションと呼ばれる学問分野に取り組んでまいります」と挨拶。

 桝アナは昨年4月、同番組の初代キャスター・福澤朗アナの卒業を受けて、2代目に就任していたが、退社後も『バンキシャ』のキャスターとして引き続き出演するという。「分かりやすく的確に科学を伝える方法を、番組を通して皆さんと一緒に考えて、実践していくことを目指したいと思っています」と意気込んでいた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top