キスマイ玉森が頑なに主張!“彼女にしてほしくないこと”とは? | RBB TODAY

キスマイ玉森が頑なに主張!“彼女にしてほしくないこと”とは?

エンタメ その他
※左から)横尾渉、宮田俊哉、玉森裕太、北山宏光(C)フジテレビ
  • ※左から)横尾渉、宮田俊哉、玉森裕太、北山宏光(C)フジテレビ
【PICK UP】

 20日24時25分からは、『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)が放送される。

 今回は、恒例のゲーム企画「ito(イト)」に挑戦。同ゲームは、互いの価値観のズレを楽しみながら会話をしていくボードゲームで、子どもから大人まではまる人が続出し皆で盛り上がっている様子が動画でアップされるなど、話題になっている。ゲストは、ぼる塾。

 1つ目のテーマは、「絶対に脈ありじゃん!という瞬間」。回答では、宮田俊哉から「誕生日の0時0分に“おめでとう”の連絡」など、好意を持っていそうな女子あるあるが次々と飛び出す。玉森裕太が「ボディタッチが多い」と回答すると、藤ヶ谷太輔は「やはり女性は好意のある男性にボディタッチをするんですか?」とぼる塾の3人に質問。きりやはるか(ぼる塾)が「私はしますね」と自信たっぷりにコメントすると、田辺智加(ぼる塾)は「私はしないよ、古風な女だから!」と答え、メンバーを爆笑させる。二階堂高嗣は、脈ありじゃん!と思う瞬間について「終電の時間に…」と回答すると、「それはもう“よろしく”ということでしょう」とスタジオは一気に盛り上がりを見せるが、二階堂の話には続きがあって......。

 続いてのテーマは、「彼女にしてほしくないこと」。北山宏光は「カレーのニンジンを残す」、藤ヶ谷は「臭いのついた服でベッドに」と回答。グルメな横尾渉は、レストランで彼女にされると嫌だな、というある行動について回答。ぼる塾のメンバーも納得の様子で、田辺にも同じエピソードがあったという。そんな中、玉森の回答に、メンバーが「それは嫌だ!」と賛同する場面が。田辺が「その行動が忘れ物をした彼のためだったら?」と質問するも、玉森は苦笑いし、かたくなに「それでも嫌です」とコメント。一体、どんな行為なのか?
《KT》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

page top