上戸彩、『さんまのまんま新春SP』に18年ぶり!菅田将暉が結婚秘話も...... | RBB TODAY

上戸彩、『さんまのまんま新春SP』に18年ぶり!菅田将暉が結婚秘話も......

エンタメ その他
(C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
【PICK UP】

 2022年1月2日に放送される『さんまのまんま新春SP』(カンテレ・フジテレビ系)のゲスト情報が解禁された。

 出演が発表されたのは、大泉洋、劇団ひとり、上戸彩、今田耕司、菅田将暉、長谷川京子、田中みな実、バカリズムら。まずは、大泉洋と劇団ひとりが登場。さんまは、ひとりが東京五輪の開会式に登場したことをうらやましがり、「どういうて出たんや!」と質問責め。大泉は昨年、『NHK紅白歌合戦』司会という大役を務めたが、さんまがラジオで発した、“大泉の司会に関するある言葉”に「情報操作って恐ろしい!」と猛クレームをつける。

 そこに、18年ぶりの同番組出演となる上戸が合流。上戸も今や2人の子どものママとなり、「習い事にあちこち自転車で行っている」と語ると、さんまも「俺はお風呂とかおむつ交換してたよ」と、子育てトークを展開。また、さんまにもいつもプレゼントをくれるという夫について「サプライズやプレゼントが大好き」と上戸が明かすと、さんまは、夫の男としての魅力に降参。「上戸と結婚しようと思ってたのに」といつものように軽口を叩くと、上戸はさんまのそんな発言に「無駄に傷付いてる」と言い出して!?さらに、今年で17回目となる今田の「おすすめ芸人コーナー」に上戸が参加。『M-1グランプリ』で長年MCを務める2人だけにさんまも「2人がここで芸を見るってすごいな!若手は緊張するやろうなあ」と興奮。選ばれし4組の中から「上戸彩賞」を決定。選ばれた芸人は?

 そして、菅田が6年ぶりに登場。小松菜奈との結婚についてさんまへ報告する際、ある事情が重なり「なんでこんなタイミングやねん」と散々苦悩したことを明かす。さんまも、ご祝儀袋のメッセージに何を書くかというプレッシャーに悩まされ、菅田のことを朝まで調べ尽くしたというエピソードを語る。また、菅田は、前回出演した際にプレゼントした自作のスカジャンが小さかったという痛恨のミスをようやくリベンジ。「これは自信作です」と自ら縫い上げたというジャンパーをプレゼント。さんまのことを考え抜いたさまざまな特徴にさんまも大喜びする。

 その後、1月にスペシャル版が放送される『グータンヌーボ2』から、長谷川京子と田中みな実が登場。長谷川は19年ぶり、田中は初の出演。長谷川は12歳と10歳の子どもの母として、「子供に『ババア』って言われたらショック」と、反抗期を心配する。一方、独身の田中は「結婚しない気がする…」と、独り身の楽さについてさんまと意気投合。しかし、さんまの雑な言動に、田中は終始容赦ないダメ出しを連発する。

 バカリズムも初登場。芸歴25年以上にも関わらず、ほとんどさんまと共演経験がないため、「俺から逃げてる」と疑うさんまに、バカリズムは「『さんまのまんま』に出ることが夢だった」と必死の弁明。ネタのシュールさから、「昭和の笑いを否定してるやろ」とも言われてしまい、バカリズムはどれだけ『オレたちひょうきん族』が好きだったかを熱弁する。
《KT》

関連ニュース

特集

page top