【M-1グランプリ】錦鯉・長谷川、『M-1』優勝決定直後の“涙の理由”を告白「相方が耳元で…」 | RBB TODAY

【M-1グランプリ】錦鯉・長谷川、『M-1』優勝決定直後の“涙の理由”を告白「相方が耳元で…」

エンタメ その他
錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆) 【撮影:浜瀬将樹】
  • 錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆) 【撮影:浜瀬将樹】
  • 錦鯉・長谷川雅紀【撮影:浜瀬将樹】
  • 錦鯉・渡辺隆【撮影:浜瀬将樹】
  • 錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆) 【撮影:浜瀬将樹】
  • 錦鯉・長谷川雅紀【撮影:浜瀬将樹】
  • 錦鯉・渡辺隆 【撮影:浜瀬将樹】
  • 錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆) 【撮影:浜瀬将樹】
  • 錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆) 【撮影:浜瀬将樹】
 漫才頂上決戦『M-1グランプリ2021』が19日に開催。史上最多のエントリー数6017組から錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆)が、第17代目チャンピオンとなった。

 年末の風物詩となっている『M-1』。過去のチャンピオンには、現在、テレビでも活躍するフットボールアワー、ブラックマヨネーズ、霜降り明星、マヂカルラブリーらが輝いている。

 今回決勝に進出したのは、もも、真空ジェシカ、モグライダー、オズワルド、ランジャタイ、インディアンス、ゆにばーす、錦鯉、ロングコートダディ、ハライチ(敗者復活)の10組。その中で、オズワルド、錦鯉、インディアンスの3組が最終決戦に勝ち残り、錦鯉が審査員から5票を獲得して優勝。賞金1,000万円を手にした。

 会見では、優勝をした瞬間、涙を流した長谷川に質問が。その真意について問われると「(渡辺が優勝決まった瞬間に)耳元で『ありがとう』って言ったんですよね。それで涙があふれて出てきちゃって……」と回顧。「普段、人に『ありがとう』って言う人じゃないから、余計にギャップで」とオチをつけると、渡辺は「やめろよ!」とツッコミを入れた。

 今回の大会に挑むにあたり、事務所の先輩であるハリウッドザコシショウとバイきんぐの2人にネタを見てもらったという錦鯉。渡辺は「ネタの細かいところとか『こうしたらいいんじゃない』とか(アドバイス)をいただいたんですけど、最終的には『やりたいようにやれ。それが一番力が出る』って言っていました」と振り返り。長谷川も「感謝しかない」と述べた。

 錦鯉は、今年で43歳になる渡辺と50歳になる長谷川の“おっさん”コンビ。若手も台頭しているが、今後の目標について訊ねられると、長谷川は「僕が、ダウンタウン・松本人志さんの好きな言葉で『魂は歳をとらない』というものがあるんですけど、『おっさんだから』、『若造だから』とか、いろいろ言い訳ができるじゃないですか。でも、そういうことじゃなくて“頑張ろう”っていう気持ち」とコメント。

 続けて「体が動かくなったらなったで補いながらやっていきたいと思います……何言っているか分かりますか?」とインタビュアーに質問返し。渡辺は、すかさず「すみません。見た目はおじさん、中身は子どもなんで」とフォローして笑いを誘っていた。
《浜瀬将樹》

関連ニュース

特集

page top