柳ゆり菜、5年ぶりの写真集はスパルタレッスンで美ボディ作り | RBB TODAY

柳ゆり菜、5年ぶりの写真集はスパルタレッスンで美ボディ作り

エンタメ グラビア
柳ゆり菜 撮影:山本佳代子
  • 柳ゆり菜 撮影:山本佳代子
  • 柳ゆり菜 撮影:山本佳代子
  • 柳ゆり菜 撮影:山本佳代子
  • 『女っぷり』(扶桑社)アザーカット 撮影:戎 康友
  • 『女っぷり』(扶桑社)アザーカット 撮影:戎 康友
  • 『女っぷり』(扶桑社)アザーカット 撮影:戎 康友
  • 『女っぷり』(扶桑社)アザーカット 撮影:戎 康友
【PICK UP】

 柳ゆり菜にとって5年ぶりの作品となり、自身最後と公言する写真集『女っぷり』(扶桑社)が現在発売中。このほど、写真集発売を記念したイベントが27日、タワーレコード 渋谷店にて開催された。

 イベントでは、サイン本のお渡し会が実施され、柳がインタビューに対応。5年ぶりとなる写真集発売の心境を問われ、「久しぶりで緊張しています。でも睡眠もたくさんとれて、しっかり準備出来ました。11月25日に、オンラインイベントを行ってファンの方と交流出来たのですが、汗ダラダラでした(笑)今日は落ち着いて、しっかりファンの方とお話し出来ました。実際にお会いして、お話できて嬉しかったです」と喜び。

 前作と今作での心境の変化について「この5年間で様々なことを経験したので、その成長っぷりが反映出来たと思います。“今の私は、こういう感じです”という決意表明のようなものが、写真集『女っぷり』なので皆さんに見ていただきたいです。私の内面の変化を、感じることのできる作品になっています」とコメント。

 また、撮影で大変だったことについては「きれいなボディラインを作るために、撮影までの2か月間ピラティスに通って、スパルタレッスンを受けました。筋肉痛がすごかったですよ(笑)」と回答。「でも思い返して一番大変だったのは、打ち合わせを重ねる中で『私はこう思います』ということや、『ここだけは譲れない』という所をどうやって伝えるのかという所でした。でも最終的には『やるだけやってみて、後で考えよう!』という気持ちで撮影に臨みました」と語った。

 さらに、お気に入りのカットについて問われ、「一番素が出ているのは緑のカーディガンを羽織ったカットで、眼鏡をかけながら髪を結って上げている写真ですね。これは私の家でのスタイルと一緒なので、いつもの自分の気持ちでリラックスして撮りました。女優としての私が出ているのは、フランス映画のオマージュで撮影したカットですね。『若き未亡人』を演じながら撮影しました。希望していたカットなので、すごくお気に入りです」とした。

 ファンに向けては「いつも応援してくださって、本当にありがとうございます。写真集『女っぷり』で、またこうしてイベントができるなど、皆さんと交流ができることが嬉しいです。この写真集を見て私をより近くに感じていただき、応援していただくきっかけになれば幸いです。これからもよろしくお願いします」と呼びかけている。なお、今回の写真集発売を記念して、アザーカットもあわせて解禁されている。
《KT》

関連ニュース

特集

page top