高橋真麻、ネットの過激な声に本音「辛辣なものも多く……」 救われた島崎和歌子の言葉明かす | RBB TODAY

高橋真麻、ネットの過激な声に本音「辛辣なものも多く……」 救われた島崎和歌子の言葉明かす

エンタメ ブログ
高橋真麻【写真:鶴見菜美子】
  • 高橋真麻【写真:鶴見菜美子】
【PICK UP】

 フリーアナウンサーの高橋真麻が15日、ブログを更新。辛辣なネットの声に本音をつづった。

 バラエティ番組に出演する他、『スッキリ』(日本テレビ)や『バイキングMORE』(フジテレビ)ではコメンテーターとしても活躍する高橋。コメンテーターとして番組に出演した際は、仕事の一環としてエゴサ―チを行っているそうで、「“こういう発言をしたらこう感じる方がいるのか”とか“なるほど。これだと言葉足らずで伝わらないのか”とか“この発言には過敏に反応される方が多いのか”など視聴者の皆様の声を参考にしていたわけですが最近、辛辣なものも多く心痛めておりました」と本音を吐露した。

 そしてネットの厳しいコメントで気分が落ち込む中、高橋が衝撃を受けたというのが島崎和歌子のインタビュー記事だったという。島崎は高橋と真逆で、エゴサ―チは全くしない派。そんな暇があったらファンレターや、本を読んでいる方がいいと語り、ネットの意見でメンタルが蝕まれ、仕事のパフォーマンスが落ちるのであればエゴサ―チは避けた方がいいのでは?との見方を示していたという。高橋は「!!!!!!!!!!!!!!!!!! 凄い~!!!!!!!! そうなりたい~!! と思った次第でした(笑)」とコメントした。

【PICK UP グルメ】
《松尾》

関連ニュース

特集

page top