藍井エイル、約1年9ヵ月ぶり15公演のツアー完走 | RBB TODAY

藍井エイル、約1年9ヵ月ぶり15公演のツアー完走

エンタメ 音楽
藍井エイル、約1年9ヵ月ぶり15公演のツアー完走
  • 藍井エイル、約1年9ヵ月ぶり15公演のツアー完走
  • 藍井エイル、約1年9ヵ月ぶり15公演のツアー完走
  • 藍井エイル、約1年9ヵ月ぶり15公演のツアー完走
  • 藍井エイル、約1年9ヵ月ぶり15公演のツアー完走
  • 藍井エイル、約1年9ヵ月ぶり15公演のツアー完走
  • 藍井エイル、約1年9ヵ月ぶり15公演のツアー完走
  • 藍井エイル、約1年9ヵ月ぶり15公演のツアー完走
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 藍井エイルが,約1年9カ月ぶりとなる全国ツアー「藍井エイルLIVE TOUR 2021~ATOK~」(14カ所15公演)を駆け抜け、22 日、愛知県芸術劇場大ホールにてツアーファイナル公演を迎えた。


 公演がスタートすると、まずは5月にリリースした「鼓動」を披露。エイルバンドをバックに、代表曲「I will...」「ラピスラズリ」、メジャーデビュー曲「MEMORIA」をパフォーマンスした。中盤には、疾走感あふれるロックナンバー「Contradiction」「MY JUDGEMENT」「GENESIS」と続けて観客を魅了。

 後半には、藍井本人が「最もダークな表現で歌詞を受け入れてもらえるか心配だった」と語った新曲「アトック」を披露。「皆さんが信じてくれから、皆さんが音楽を聴き続けてくれているから、このような状況でもツアーが無事に出来きました。音楽の未来を信じて、一緒に歩いていけたらと思います」とツアーファイナルを完走できた喜びと、ファンの皆へ感謝の気持ちを噛み締めた。

 本編ラストでは、バラード曲「夢の終わり」をしっとりと歌い上げ、アンコールで披露された、「AURORA」「シリウス」も含め全19曲を披露。「今日のライブ中、私のイヤモニ(イヤーモニター)からは、みんなの“愛の音”がずっと聞こえていました。」という藍井エイルらしい、ファンへの精一杯の感謝の気持ちと共に、ツアーファイナルは終了した。10月には、2011年10月19日のメジャーデビューから10年を迎え、記念すべき10周年イヤーへと突入する。
《KT》

関連ニュース

page top