齊藤京子、バラエティーでの悩み告白「爪痕残すことがほとんどない」 | RBB TODAY

齊藤京子、バラエティーでの悩み告白「爪痕残すことがほとんどない」

エンタメ その他
齊藤京子【撮影:こじへい】
  • 齊藤京子【撮影:こじへい】
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 日向坂46・齊藤京子が、2日放送の『キョコロヒー』(テレビ朝日系)で、バラエティーでの悩みを告白した。


 齊藤は「クイズ系の番組で爪痕をガチで残したいタイプなんですよ、別笑いというより」と述べ、「正解を出してインテリキャラ目指している」と思わぬ告白。

 続けて日向坂メンバーと一緒に出る番組ではどんなことを考えているのかについて聞かれると、「私、こう見えてマジで消極的なんですよ」と報告。「ガヤタイプと一言タイプがあるが、日向坂(メンバー)はほとんどガヤタイプ」としながら、「私は真逆なので、振られて何か返すタイプ」と自己分析。

 また彼女は「私の印象は、我が我が、とか。我が強いみたいな。我が強いイメージが多分強いと思うが、ほんとうに今、爪痕残すことがほとんどないです」と悩みを吐露。さらには「そんな我が我がしてない」とも。これに対してヒコロヒーは「我が我がって(言葉)、京子しか言っていない」と指摘していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top