西野七瀬が『情熱大陸』登場!俳優としての覚悟とは | RBB TODAY

西野七瀬が『情熱大陸』登場!俳優としての覚悟とは

エンタメ その他
(C)MBS
  • (C)MBS
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 9月5日放送の『情熱大陸』(TBS系)には、西野七瀬が登場する。


 ドラマ・映画・雑誌など各方面で活躍する西野。乃木坂46でエースとして活躍の後、2018年にグループを卒業。俳優へと転身した。現在27歳。昨年10月、人生初のヘアブリーチから始まった取材。金髪に染めた理由は、新たに参加する映画『孤狼の血 LEVEL2』の役作りのため。松坂桃李、鈴木亮平、村上虹郎などが名を連ねる中、西野は女性のメインキャストとして現場入り。人の頭を叩いたり、タバコを吸ったりなど、今まで経験したことがない役どころに戸惑いながらも体当たりで挑んだ。

 西野は「仕事をする上で不安がないと、逆に不安になるから、常に不安要素を探しています」と語る。また、大きな試練として、初めての舞台に挑戦する姿にも迫る。その舞台とは、実力者が集まる、劇団☆新感線の公演。古田新太、阿部サダヲらベテラン俳優に囲まれながらも、その存在感をいかんなく発揮。「稽古中、心に響いたことは?」と問うと「大きな声が出るようになったねと言われたこと」と嬉しそうに話す西野。変化を恐れず、初めて尽くしの中で進化を遂げていく姿、そして滲み出る“俳優としての覚悟”に注目の回だ。西野の登場する『情熱大陸』(TBS系)は、9月5日23時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top