中田有紀、『おは4』時代の厳格ルール明かす「放送中、笑顔は1回だけ」 | RBB TODAY

中田有紀、『おは4』時代の厳格ルール明かす「放送中、笑顔は1回だけ」

エンタメ その他
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 フリーアナウンサーの中田有紀が、7日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。キャスターを務めていた『Oha!4 NEWS LIVE』(同系)時代の秘話を明かした。


 『おは4』ではクールな印象のキャスターとして人気を集めていた中田。この裏側として彼女は「番組の中で笑っていいのは1回だけだった」と回顧。このルールは「当時のディレクターか上の人が決めたことだった」と語った。

 さらに、そんな番組終わりの反省会で一番最初に言われたことが、ニュースの内容よりも「今日、2回以上笑ったよね?」という“笑顔”の回数についてのダメ出しだったという。

 これにフットボールアワー後藤輝基は「聞いたことない!」と驚きながら、「(放送中)『めっちゃおもろい』と思いながら、グッとこらえたことは?」と質問。これに対して中田は「ADさんがちょっとミスしたこととか…」としながら、「例えば『5秒前』を『ごぼう前』と言い間違えたこと」と答えた。

 自宅でも、笑わないための“自主トレ”をしていたという中田。それが、「お笑い番組を見て、笑わないように気合を入れていた」というもの。その鍛錬の結果、「今はお笑い番組で一切笑えなくなった」と告げると、後藤は「大事なもの失ったんやな…」とショックを受けていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top