北川景子、山田洋次監督の言葉に涙!「撮影中にちょうど子どもを授かっていて…」 | RBB TODAY

北川景子、山田洋次監督の言葉に涙!「撮影中にちょうど子どもを授かっていて…」

エンタメ 映画・ドラマ
北川景子【撮影:小宮山あきの】
  • 北川景子【撮影:小宮山あきの】
  • 映画『キネマの神様』完成披露舞台挨拶【撮影:小宮山あきの】
  • 映画『キネマの神様』完成披露舞台挨拶【撮影:小宮山あきの】
  • 映画『キネマの神様』完成披露舞台挨拶【撮影:小宮山あきの】
  • 映画『キネマの神様』完成披露舞台挨拶【撮影:小宮山あきの】
  • 映画『キネマの神様』完成披露舞台挨拶【撮影:小宮山あきの】
  • 永野芽郁【撮影:小宮山あきの】
  • 菅田将暉【撮影:小宮山あきの】
 菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、山田洋次監督ほかが28日、都内で行われた映画『キネマの神様』完成披露舞台挨拶に登場した。

 松竹映画100周年記念作品となる同作は、“映画の神様”を信じ続けた一人の男・ゴウと、その家族に起こる奇跡の物語(8月6日から全国公開)。映画製作に明け暮れるゴウの青春時代を菅田が演じ、借金を抱え、名画座を心の拠り所とする晩年を沢田が演じる。

 同作は、当初W主演の1人だった故・志村けんさんが、撮影途中で新型コロナウイルスによる肺炎により逝去。沢田が志村さんの遺志を継ぎ、同役を演じることとなった。

 山田監督は、「今から一年半前は、主演のゴウをやるのは志村けんさんだったんですよね。志村さんがコロナで倒れてしまって、一時は茫然としたんだけれど、沢田さんがピンチヒッターに立とうという決意をしてくれて、志村けんとは全く違うゴウ像を作り上げてくれた」と当時を回顧。観客に向けて、「亡き志村けんさんのことも、思い出してください」と呼び掛けた。

 菅田は、「僕は志村さんの本読みを見学して撮影に入ったので、志村さんの演じるゴウを想定してのお芝居をやって…。どうなるのかなという中、沢田さんの演じたゴウを見た時に、僕はどこかで勝手に志村さんを感じたというか、確実に色んなものが残っていて、他にはない映画になっているなと思いました」と思いを語った。

 同作にちなみ、「撮影中に、奇跡を感じた瞬間は?」と聞かれた北川は、「私はこの映画の撮影中に、ちょうど子どもを授かっていて。監督に一番にお伝えした時に、『いいお母さんになってくださいね。子どもを持つという経験が女優業をやっていくうえで糧になって、成長できるでしょうから、次のステップにいっても頑張ってくださいね』と言葉をかけていただいて、すごく嬉しくて涙が出て…」とエピソードを披露。その時に感じた感情が「奇跡的でした」と振り返った。

 また、同作で昭和の銀幕スター女優を演じた北川の印象について、山田監督が「本当にうっとりするくらい綺麗な人で。僕は彼女がたくさん出た映画やテレビ、ドラマの中で一番綺麗なカットだと、密かに自負しているカットも(劇中に)あるくらい」と北川を絶賛すると、北川は「どれですか?! 知りたい」と驚きながらも、嬉しそうに笑みを浮かべた。
《小宮山あきの》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top