STU48キャプテン・今村美月、「STU48号」は「メンバーのような存在」……船上公演が終了 | RBB TODAY

STU48キャプテン・今村美月、「STU48号」は「メンバーのような存在」……船上公演が終了

エンタメ 音楽
(c)STU
  • (c)STU
  • (c)STU
  • (c)STU
  • (c)STU
  • (c)STU
  • (c)STU
  • (c)STU
  • (c)STU
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 STU48の船上劇場「STU48号」は、2019年4月16日から約2年間(769日)で191公演を行い、23日をもってその役目を終了した。


 23日には昼に2期研究生による『僕の太陽』公演、夜に1期生・ドラフト3期生による『僕たちの候の予感』公演がそれぞれ実施された。

 夜公演のアンコールでは、デビューシングル『暗闇』でセンターを務めた瀧野由美子が「STU48号での公演は今日で最後になり、STU48号からの卒業となりますが、今後も瀬戸内7県で活動することは変わりません。STU48号がなくなってもSTU48を応援してくださる皆さん、愛してくださる皆さんがいる限り頑張っていきますので応援よろしくお願いします」とコメント。

 最後のパフォーマンスは、STU48号のステージが完成する前にミュージックビデオ撮影をした曲であり、STU48号で初めて踊った楽曲である「出航」を出演メンバー全員で披露。バックスクリーンにはこれまでの船上劇場での記念写真や思い出の写真が映し出され、感動のフィナーレとなった。

 その後、キャプテンの今村美月から「この船で最後の曲『出航』を聞いていただきました。2019年4月16日に出航したこのSTU48号は、約2年間私たちと一緒に活動してくれてメンバーのような存在であり、私たちをたくさん成長させてくれました。これからも前を向いて皆さんから応援したいと思っていただけるよう頑張っていきます」と挨拶があり、メンバー全員で感謝のお礼を伝えた。

 最後は汽笛で「さよなら」を意味するSEが3回なり公演が終了した。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top