コロナ禍に魯肉飯専門店をオープン!試行錯誤繰り返す女性店主に密着! | RBB TODAY

コロナ禍に魯肉飯専門店をオープン!試行錯誤繰り返す女性店主に密着!

エンタメ その他
(C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 本日16日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ)では、コロナ禍の昨年11月に台湾の国民食・魯肉飯(ルーローハン)の専門店「帆帆魯肉飯(ファンファン・ルーローハン)」を東京の三軒茶屋に開店した唐澤千帆さんに密着する。


 もともと会社員で料理人経験はなかったという唐澤さんだが、2017年に友人の勧めで休日にカフェの間借り営業をスタート。その味が話題を呼び、3年で間借り先が4店舗に増え、会社員との両立が難しくなった彼女は「両親に言えないまま会社を辞めて専業になってしまった」という。

 しかし、そのわずか半年後に1回目の緊急事態宣言が発令される。間借り先はすべてなくなり、収入もゼロに。先が見えない不安の中で、「頑張れると思ったし諦めたくなかった」という彼女は両親にすべてを打ち明けて、借りたお金と持続化給付金を元手に自分の店を持つ決心をした。

 かつて友人に誘われ旅行した台湾で魯肉飯と出会い、その味に心奪われたという唐澤さん。レシピを学ぶべく中国語から勉強し、昨年11月についに自身の店をオープン。コロナ対策に工夫を凝らして開店し新たなスタートを切ったが、ほどなくして2回目の緊急事態宣言となり、開店当初に比べて売り上げは2割程度落ちてしまった。経営的には厳しい状況が続くが、「外出しにくい中でも、食べに来てくれて“美味しい”って言ってもらえるのは嬉しい」と、明るく語る唐澤さん。

 逆境の中で試行錯誤を繰り返す唐澤さんの「台湾への愛」と7つのルールとは?

 スタジオではレギュラーの青木崇高、尾崎世界観、長濱ねる、本谷有希子、YOUが唐澤さんの魯肉飯を試食。それぞれがその味を絶賛する中で昨年、台湾ライブがコロナで中止になった尾崎は残念な思いを明かし、唐澤さんのように海外で人生観が変わったという本谷は、「今までの私は全部間違ってた」と感じた自身の経験を告白する。

 『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ)は3月16日23時~23時30分放送。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top