広瀬すず『桶狭間~織田信長 覇王の誕生~』出演!「“これが時代劇か”と思いました」 | RBB TODAY

広瀬すず『桶狭間~織田信長 覇王の誕生~』出演!「“これが時代劇か”と思いました」

エンタメ 映画・ドラマ
広瀬すず(C)フジテレビ
  • 広瀬すず(C)フジテレビ
  • 左から)三上博史、広瀬すず(C)フジテレビ
  • 三上博史(C)フジテレビ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 26日21時からは、十三代目市川團十郎白猿襲名披露特別企画『桶狭間~織田信長 覇王の誕生~』(フジテレビ系)が放送される。このほど、同ドラマに出演する三上博史・広瀬すずのコメントが発表された。


 同ドラマは、今川義元の大軍を数的に遥かに劣る織田軍が打ち破り、日本史上最大の逆転劇と謳われ、織田信長を一躍戦国時代の主役に押し上げた伝説の一戦、“桶狭間の戦い”を題材とした本格歴史エンターテインメント。市川海老蔵が織田信長を演じる他、三上博史、広瀬すず、中尾明慶、竹中直人、北村一輝、味方良介、鈴鹿央士、堀井新太、堀越勸玄、市川ぼたん、松田龍平、黒木瞳、佐藤浩市らの出演が発表されている。

 このほど、信長にとって最大の強敵で、圧倒的有利と思われていた“桶狭間の戦い”において、まさかの敗北を期し、思わぬ形で時代の転換の扉を開けてしまう今川義元役を演じた三上博史、政略結婚で信長の元に嫁ぐが、実母の愛に飢え、誰も信じることができないでいた信長を優しく包み込み、本当の信長を理解する唯一無二の存在となる正妻・濃姫役を演じた広瀬すずが作品についてコメント。

 三上は放送が決まった際の心境について「テレビドラマは即時性だと思っているので、作った作品は本当はすぐに見てほしいのが希望ではあります。でもこういう(コロナ禍という)ご時世で、撮影からは日が経ってしまいましたが、思いを込めた作品ですので、やっと皆様に見てもらえることができてうれしいです」と喜び。「撮影前に“今川ツアー”を行ったんです。まず合戦地の桶狭間に行って、そこから埋葬された場所がいくつかに分かれているので、静岡に向かって3カ所くらい、まず首塚(東向寺)から最後に菩提(ぼだい)寺を周って。友人の住職が“お墓参りをするのなら“とつきあってくれたので、2人で行脚して供養をしました。それが昨年3月でしたね」と、撮影に際し、自身演じる今川義元にまつわる場所を訪問したことを明かした。

 また、桶狭間の戦いのシーンについては「その時に実在した“魂”のようなものが、うすら見えたらいいなあと。義元の魂に僕が入っていくのか、僕の魂に義元の魂が入っていくのかわからないですが、何か少しでもその“魂”を見てくださる方が体感していただけたら作品として面白いのではないかなと思います」とした。

 一方、広瀬は撮影について「所作が決まっているので、先生に細かく聞いて、練習の時間を設けていただきました。他にも、登場人物の関係性を把握したいと思い、本を読んだり時代劇のドラマを見たりもしました。(実際演じてみて)所作が入ってくるので(現代劇のように)自分の心情だけで自由に芝居ができない、セリフも難しい中で、その奥を読むことが難しかったです。それは今までにない感覚で、“これが時代劇か”と思いました」と感想をコメント。

 海老蔵演じる信長については「海老蔵さんが演じられる信長は、“きっとこういう人だったんだろうなあ”と思わせるようなたたずまいでした。つい目で追ってしまうような存在感も、多分共通しているところだと感じました。お芝居になると、絶対に目をそらせてはいけない、負けたくないという気持ちになるほどの目で見つめられるので、“絶対、目をそらさないぞ”という気持ちで演じました」とし、視聴者に向けては「濃姫の強くて、でもどこかはかないところはとても魅力的で、その表現には悩みましたが、現代の女性にも共感していただけるところだと思います。戦のシーンは私も一視聴者として楽しみにしています」と伝えている。
《KT》

関連ニュース

page top