“女人禁制”の慣習残る酒造業界で活躍!老舗酒蔵「辻本店」女性杜氏に長期密着 | RBB TODAY

“女人禁制”の慣習残る酒造業界で活躍!老舗酒蔵「辻本店」女性杜氏に長期密着

エンタメ その他
(C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 9日23時からは、『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)が放送される。


 今回は、200年以上の歴史を持つ岡山県の老舗酒蔵「辻本店」で酒造りの全責任を担う杜氏・辻麻衣子氏が主人公。「辻本店」経営者一族の長女として生まれたが、歴史ある家柄に息苦しさを感じ、東京の大学に進学した辻氏。元来、経営者一族は酒造りに携わらない慣わしだったが、20歳になってお酒を飲み始めたのが転機となり、「酒造りを一生の仕事にしたい」と思うようになったという。

 先代から技術をたたきこまれた辻氏が、跡を継いで杜氏となったのは29歳の時。県内初の女性杜氏に就任し、御前酒の看板を継いだが、酒造業界の風当たりは厳しく、「御前酒は終わり」と噂されたこともあったという。番組カメラはそんな辻氏の日本酒造りに長期密着。酒蔵での作業から、日本酒の原材料となる米の収穫、そしてプライベートや12歳の息子を育てる母親としての姿までを映し出す。

 酒蔵で女性が活躍できるように…子育てや家庭と両立できるように…女性ならではの視点でさまざまな工夫を凝らす辻氏。女人禁制の世界に飛び込み、200年続く「御前酒」の味を受け継ぐ杜氏・辻氏の7つのルールとは?
《KT》

関連ニュース

page top