中居正広、憧れたMC像は田代まさし「こんなタイプになれたら…」 | RBB TODAY

中居正広、憧れたMC像は田代まさし「こんなタイプになれたら…」

エンタメ その他
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 中居正広が、19日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で、憧れのMCについて明かした。


 今回、ロンドンブーツ1号2号・田村淳と対談を繰り広げた中居。同世代ということもあり、過去の恋愛やMCの技術論など、踏み込んだトークを展開した。ここで話題は「中居には誰かお手本としているMCはいるのか?」という気になるテーマに。

 すると彼は、タモリ、石橋貴明、明石家さんま、松本人志、笑福亭鶴瓶、ヒロミといったタレントの名前を挙げながらも、「あそこ、もらおうかなと試してみても無理だった」と回顧。「技量と育ちと、見てきているものが違うから」とも語った。

 この後、淳から「1番、自分が似ている……色濃く出ているのは誰?」と質問されると、中居は「オンエアできるか分からない」と前置きした上で、「一番最初はマーシーだったのよ」と、田代まさし(服役中)であることを告白。これには淳も「へぇ!」と驚きながら、「オンエアしてもいいでしょう?」と、スタジオのフロアにいるスタッフに確認した。

 中居は、音楽もやりながら司会をこなすタレントとして「堺さん(堺正章)の次がマーシーだった」と個人的見解。そして「10代のころ、『こんなタイプになれたらいいのかな』と漠然と思っていた」と語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top