サンジャポ、爆問・田中入院で代役MCは上田晋也「一日警察署長ぐらいの気持ちで」 | RBB TODAY

サンジャポ、爆問・田中入院で代役MCは上田晋也「一日警察署長ぐらいの気持ちで」

エンタメ その他
上田晋也 (Photo by Sports Nippon/Getty Images)
  • 上田晋也 (Photo by Sports Nippon/Getty Images)
 24日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)は、MCの爆笑問題・田中裕二がくも膜下出血と脳梗塞で緊急入院したのを受け、くりぃむしちゅーの上田晋也が代役を務めた。

 番組冒頭、爆笑問題・太田光が「日本一のMCが来てくれました」と持ち上げつつ、「こう見えても上田君は学生時代に七股かけていた」といきなり暴露すると、上田は「三股だよ!」と返した上、「三股だったのは事実です」と認めた。

 上田は、昨年、田中が新型コロナウイルスに感染した際も、太田から代役出演のオファーを受けたものの、スケジュールの都合で出演できなかったという。今回再びオファーしてきた太田に、「あなた、もう30年以上芸能界にいるんだから、そろそろ知り合い増やしてくれよ」とつっこむと、スタジオは大爆笑。

 山本里菜アナウンサーから「サンジャポファミリー入りした今のお気持ちはいかがですか?」と尋ねられると、上田は「そんな気持ちはないです。一日警察署長ぐらいの気持ちで来てます」と答えていた。
《角谷》

関連ニュース

page top