武田梨奈「朝7時から夜まで飲んでいます」…ドラマ「ワカコ酒」撮影秘話を披露! | RBB TODAY

武田梨奈「朝7時から夜まで飲んでいます」…ドラマ「ワカコ酒」撮影秘話を披露!

エンタメ その他
「ひらけ、明るい未来へ。OPEN SAGASAKE」キャンペーンPRイベント・武田梨奈
  • 「ひらけ、明るい未来へ。OPEN SAGASAKE」キャンペーンPRイベント・武田梨奈
  • 「ひらけ、明るい未来へ。OPEN SAGASAKE」キャンペーンPRイベント・武田梨奈
  • 「ひらけ、明るい未来へ。OPEN SAGASAKE」キャンペーンPRイベント
  • 武田梨奈、ぷりあでぃす玲奈
  • 「ひらけ、明るい未来へ。OPEN SAGASAKE」キャンペーンPRイベント・武田梨奈
  • 「ひらけ、明るい未来へ。OPEN SAGASAKE」キャンペーンPRイベント・武田梨奈
  • 「ひらけ、明るい未来へ。OPEN SAGASAKE」キャンペーンPRイベント・武田梨奈
  • 「ひらけ、明るい未来へ。OPEN SAGASAKE」キャンペーンPRイベント・武田梨奈
 女優の武田梨奈が、13日に行われた「ひらけ、明るい未来へ。OPEN SAGASAKE」キャンペーンPRイベントに、佐賀県知事の山口祥義氏と、占い師のぷりあでぃす玲奈とともに出席した。

 当初、佐賀県内の会場に登場予定だった武田は、緊急事態宣言下にあり、急きょ東京の会場からオンラインで参加。佐賀と東京をつなぐトークライブで、佐賀県産の日本酒「佐賀酒(さがさけ)」の魅力をアピールした。

 「お酒が大好きで強い」という武田。「私は昨日も佐賀のお酒を家でいただいていたんですけど、佐賀のお酒と言っても、色んな種類の味わいだったり、奥深さがあって楽しいです。本当だったら佐賀に行って飲みたいんですけれど、今は家で楽しみたいなと思います」とにっこり。

 佐賀県内にある日本酒を製造する全23蔵について、生産者の熱い思いや、製法・熟成期間により、味に違いがあることが紹介されると、「日本酒って奥深いなと思いました。全部のみ比べしたいくらいです」と声を弾ませた。

 また、武田は県知事とともに、「佐賀酒」と佐賀酒に合うおつまみで乾杯する一幕も。

 県知事から、武田が主人公の“呑兵衛女子”村崎ワカコを演じたドラマ『ワカコ酒』(BSテレ東)の話題を向けられると、「『ワカコ酒』は、(撮影中に)実際に本物のお酒を飲んでいるので、朝の七時から夜まで毎日飲んでいます」と撮影時の秘話を告白。

 「ドラマや映画の撮影のときは、肌荒れすることが多いんですけど、『ワカコ酒』のときは血行がよくなって、肌荒れしないんですよね」と笑みをこぼし、リクエストに応えて「ぷしゅー!」と劇中の決めぜりふも披露した。

 さらに、武田は、ゲッターズ飯田の一番弟子である美人占い師・ぷりあでぃす玲奈から、「今年の運勢」を鑑定してもらう場面も。

 ぷりあでぃす玲奈は、武田の運勢について「2021年は、自分では気づいていなかった魅力で、評価を受けるような仕事が入る。苦手だなと思っていたことで愛されたり、認められる可能性があるので、依頼は全て引き受けるくらいの気持ちでいるとよい」とアドバイス。

 これを聞いた武田は、「結構、私は苦手意識が強く出ちゃうタイプの人間なので、今年はそこをポジティブに変えてやっていけたらいいなと思います」と意欲を語っていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top