サザン、年越しライブを無観客で開催!医療従事者への感謝の替え歌も | RBB TODAY

サザン、年越しライブを無観客で開催!医療従事者への感謝の替え歌も

エンタメ 音楽
サザンオールスターズ_1231_live photo for web(カメラマンクレジット 西槇太一)
  • サザンオールスターズ_1231_live photo for web(カメラマンクレジット 西槇太一)
  • サザンオールスターズ_1231_live photo for web(カメラマンクレジット 西槇太一)
  • サザンオールスターズ_1231_live photo for web(カメラマンクレジット 関口佳代)
  • サザンオールスターズ_1231_live photo for web(カメラマンクレジット 高田梓)
  • サザンオールスターズ_1231_live photo for web(カメラマンクレジット 関口佳代)
  • サザン、年越しライブを無観客で開催!医療従事者への感謝の替え歌も
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 サザンオールスターズが12月31日、大晦日恒例となる年越しライブを6年ぶりの無観客配信ライブとして開催した。


 ほぼほぼ年越しライブ 2020「Keep Smilin’~皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!~」と題して開催された今回のライブ。大晦日の22時から年越しのタイミングにかけて配信された。オープニングとして、こたつを囲んだサザンの5人が、視聴者同様、サザンのライブを見ながら大晦日を過ごそうとしているコント風映像が流れだした。桑田の「嵐を呼ぶマンピー!?」というセリフを受けて雷鳴が轟き、再び画面は横浜アリーナに戻ると、RIZINの選手入場を彷彿とさせる「サザンオールスターーズ!!」の呼び込みでメンバーがステージに。

 序盤から、「ふたりだけのパーティ」や「My Foreplay Music」「東京VICTORY」を披露したほか、MCでは「この一年本当にお疲れ様でした。医療に携わる多くの方々、幅広い分野でお仕事をされるエッセンシャルワーカーの皆様、ご苦労をおかけしております。一同心より感謝申し上げます」と、桑田からコロナ禍で奮闘する全ての人に感謝と労いの言葉も。

 続けて「来年こそはどうか幸せな年でありますよう、祈りを込めて歌わせていただきます」と語り、「いとしのフィート」をパフォーマンス。「LONELY WOMAN」では雪が降り、会場が一気に冬模様になるなど、年越しライブならではの選曲と演出も見られた。

 そして、本編ラストを飾ったのは「マンピーのG★SPOT」。桑田がかぶったヅラの中心には「嵐」の文字。ライブタイトルにかけてか、国民的アイドルにかけて書かれたかは定かではないが、スクリーンには全国各地の祭をモチーフにした映像が流れ、ステージ上には各地の祭衣裳に身を包んだダンサーが、観客席では法被を纏い特大神輿などの祭りにまつわる小道具を持ったダンサーやスタッフ達が踊り狂った。さらに、桑田がクレーンに乗り込んでステージからせり出し、紅白の紙吹雪を撒く姿も。

 その後、アンコール1曲目で2021年になって一発目に披露された曲は「希望の轍」。ライブ最後に披露された「勝手にシンドバッド」では、正月の着物をまとったダンサー達と新たな年が明けたことを祝いつつ、「医療従事者のみなさん そして家族の方々を守ろう 収束が見えて来ない みんな苦しいけど コロナ禍を乗り越えて いつか素敵な未来を 迎えよう」と替え歌する一幕も。アンコール含めて披露された楽曲は全23曲、2時間30分のライブの中で、何度も「感謝」や「希望」、今は一緒に頑張ろうというメッセージを伝えたサザンオールスターズだった。

 なお、公演のライブ映像は、各配信プラットフォームで、1月7日いっぱいまで見逃し配信を視聴することが可能。
《KT》

関連ニュース

page top