天才を育てるルールSP!地方公立からハーバード首席卒の秘密とは?......『セブンルール』 | RBB TODAY

天才を育てるルールSP!地方公立からハーバード首席卒の秘密とは?......『セブンルール』

エンタメ その他
画像提供:関西テレビ
  • 画像提供:関西テレビ
  • 画像提供:関西テレビ
  • 画像提供:関西テレビ
  • 画像提供:関西テレビ
 12月8日23時からは、『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)が放送される。


 今回の主人公は、大分県で子ども向けの英語教育を行う「ディリーゴ英語教室」の代表・廣津留真理と、その娘でバイオリニストの廣津留すみれ。すみれは、大分県の公立高校から塾に通わず家庭学習のみで、世界中から秀才が集まるアメリカのハーバード大学に現役合格。応用数学や社会学を学び、首席で卒業した。さらにその後、世界最高峰の音楽大学・ジュリアード音楽院へ進学し、同じく首席で卒業している。現在、世界を舞台に活躍するすみれだが、幼少期から能力を伸ばすための教育を担ってきたのが、母・真理だった。その型破りな指導方法とは?

 今回、カメラは母・真理と娘・すみれのそれぞれに密着し、教育法や学習法だけでなく、仕事現場や自宅、特別な親子関係まで映し出す。「大切なのは、その人を高みに導く指導法」と語る母・真理。番組では、2週にわたって、廣津留親子の“能力を伸ばす”7つのルールを紐解いていく。
《KT》

関連ニュース

page top