大倉忠義主演ドラマ『知ってるワイフ』に松下洸平、川栄李奈、生瀬勝久らの出演が決定 | RBB TODAY

大倉忠義主演ドラマ『知ってるワイフ』に松下洸平、川栄李奈、生瀬勝久らの出演が決定

エンタメ 映画・ドラマ
上段左から)生瀬勝久、川栄李奈、松下洸平、瀧本美織、片平なぎさ 下段左から)マギー、おかやまはじめ、猫背椿、森田甘路(C)フジテレビ
  • 上段左から)生瀬勝久、川栄李奈、松下洸平、瀧本美織、片平なぎさ 下段左から)マギー、おかやまはじめ、猫背椿、森田甘路(C)フジテレビ
【Amazon】5日間のビッグセール開催中!!(PR)■注目のタイムセール商品をチェックする

 2021年1月7日スタートの木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系)に、松下洸平、川栄李奈、瀧本美織、生瀬勝久、片平なぎさらの出演が決定した。


 韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年8月から9月に放送された同名ドラマが原作。大倉忠義が主演、広瀬アリスがヒロインを務め、タイムスリップという奇跡がきっかけで“本当に大切なことは何なのか”を模索するファンタジーラブストーリー。主人公・剣崎元春(大倉)はあおい銀行に勤め、結婚5年目で2児の父親。職場では上司から業績を上げろと叱責され、仕事に疲れ果てて帰ると妻・剣崎澪(広瀬)から怒鳴られる、肩身の狭い毎日を過ごしている。一方の澪も、仕事を言い訳に家事と育児を押し付けては、酔っ払って帰ってくる元春が憎たらしくてたまらない。

 2人の共通の思いは「なんでこの人と結婚してしまったのだろう」。ある日、大学時代“女神”と呼ばれ男子学生の憧れの的だった後輩と偶然再会。「好きだったの」と打ち明けられ、「ああ、彼女を選んでいたら」と後悔してしまう。そんな矢先、元春は街中で話しかけられた男からもらった500円硬貨がきっかけで、突然学生時代にタイムスリップする。

 松下演じる津山千晴は元春とあおい銀行で入行同期。タイムスリップ後は、元春と同期なのは変わらないが、過去のある出来事がきっかけで、気ままな恋愛とシングルライフを楽しむ独身に。ところが、独身の澪に出会い、彼女一筋に。積極的にアプローチするが、元春から大反対されてしまう。そんな津山を演じることになった松下が、木曜劇場に出演するのは初。さらに、大倉とは本作が初共演となる。

 川栄演じる剣崎なぎさは元春とは5才違いの妹で、歯に衣着せぬ性格で、兄・元春よりも頼もしい。タイムスリップ後は、ある男性と結婚しており、元春を驚かせる。そして、元春の後輩・江川沙也佳を演じるのは瀧本。両親は日本を代表する大企業の社長で超が付くほどのお金持ちのお嬢様。タイムスリップ後は、元春の妻となり、幸せな結婚生活を送っている。庶民の元春と生活水準が合わないのが悩み。瀧本が、木曜劇場に出演するのは初。

 また、謎の男・小池良治を演じるのは生瀬。「人生は変えられる」と元春に500円硬貨を渡し、タイムスリップするきっかけを与える本作のキーパーソン。怪しい風貌のホームレスだが、元春に一方的に人生相談されることに。気になる素性が少しずつ明らかにされていく。さらに、澪の母・建石久恵を演じるのは片平。タイムスリップ後は、認知症は患っているものの、独身の澪と同居しており症状は落ち着いている。どこか不思議な超感覚を持ち合わせており、タイムスリップに関して何か秘密を知っている?!ほか、森田甘路、マギー、猫背椿、おかやまはじめの出演も新たに発表されている。

 松下は初共演となる大倉について「大倉さんはとても大らかで本当に優しいです。そしてよく笑ってくれます。一緒のシーンの時はいつも心が穏やかな自分がいました。例えば僕が何か言った事に対して、大倉さんが笑ってくれるとそれだけで幸せな気持ちになります(笑)一緒出来て本当にうれしかったです」とコメントしている。また、川栄は大倉について「すごくクールな方なのかなと思っていましたが、現場の待ち時間などでは関西弁が出たりして、面白い方です」と語っている。

 瀧本は同作について「いろいろな要素がギュッと詰まっていて、ラブストーリーでありながらヒューマンで、ファンタジーの要素も入っています。韓国の原作ドラマも見たのですが、人生丸ごと愛おしくなるような温かい気持ちになれる作品だと思いました」とコメント。生瀬は「不思議な世界観だなぁ、と。でも“過去に戻って人生をやり直したい”というのは、皆人生の中で一度は夢見る事だから、面白いなぁと思いました」と同ドラマについて感想を寄せている。
《KT》

関連ニュース

page top