“事故物件”の火付け役・大島てる氏、恐怖の実話語る......『爆報!THE フライデー』 | RBB TODAY

“事故物件”の火付け役・大島てる氏、恐怖の実話語る......『爆報!THE フライデー』

エンタメ その他
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
【PICK UP】※これが、できるYouTuber・クリエイターのデスク環境だ※絶対欲しい!IKEAで見つけた昇降デスク!※今週のエンジニア女子

 23日19時からは、『爆報!THE フライデー』(TBS系)が放送される。


 同日は、今夏に公開された映画『事故物件 恐い間取り』をはじめとした“事故物件ブーム”の仕掛け人の一人である大島てる氏による「事故物件住人が実際に経験した怖い話3連発!」が放送。

 大島氏は、事故物件を専門に扱う事故物件公示サイト「大島てるCAVEAT EMPTOR」を運営している事故物件のスペシャリスト。大島氏いわく、今年に入ってから関連書籍や映画のヒットにより「安く借りられるなら」とあえて事故物件を選択するケースが急増しているというのだが、安さの裏には危険なワナが潜んでいる。

 放送では、事故物件に住んだ人たちが体験した恐怖の実話を村田寛奈、黒崎レイナ、高見奈央ら若手キャスト陣の熱演によって再現VTRで紹介される。憧れのマイホーム購入のため物件を探していた30代のとある夫婦は、ある日、関西のとある住宅地で相場より数百万円安い一軒家を内見。だが、この物件は以前、殺人事件が起こった事故物件だと知らされる。住み始めて2年が過ぎた頃、不可解な現象が連日発生して......。

 ほか、物件を扱う不動産会社の社員が被害に遭ったという「不動産業界で語り継がれているという訳ありの競売物件にまつわる落とし穴」や、今まで何万件もの事故物件を見てきた大島氏が最も驚いたという事故物件エピソードも明かされる。さらに、映画『事故物件 恐い間取り』の原作者で”事故物件住みます芸人“として活躍する松原タニシが、事故物件のリアルな住み心地を語る。
《KT》

関連ニュース

page top