鬼越トマホーク、“ケンカ芸”誕生秘話 恩人は千原ジュニア | RBB TODAY

鬼越トマホーク、“ケンカ芸”誕生秘話 恩人は千原ジュニア

エンタメ その他
鬼越トマホーク【撮影:小宮山あきの】
  • 鬼越トマホーク【撮影:小宮山あきの】
【Pick UP】
※乃木坂46・堀未央奈、久間田琳加、神部美咲……注目グラビア総まとめ!
※話題のグラビア、写真集はこれだ!
※話題沸騰、熊切あさ美16年ぶり写真集で大胆ショット!
※動画でチェック!はるなのテレワーク環境構築

 鬼越トマホークが、27日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。“ケンカ芸”の誕生秘話を明かした。


 ケンカの仲裁に入った相手に坂井良多が暴言を吐き、金ちゃんが「本当は思ってないと思うんんですけど…」とフォローするように見せかけてさらに追い打ちをかけるというケンカ芸。

 キッカケはもともと単独ライブのネタ合わせにあったという。ライブの2日前になってもネタが1本もできず、イライラが募っていたという2人。担当作家に、まずはネタの間に流す“出囃子”から決めましょうと言われ、互いに好きな曲を3曲持ち寄ったという。

 「プロレスラーの入場曲」を3曲持ってきた坂井に対し、金ちゃんが持ってきたのは3曲すべて「JUJU」の歌。坂井は「なんでJUJUの曲で出なきゃいけねえんだよ!」と殴りかかり、乱闘状態に。これを見かねた芸人が止めに入った際、「うるせぇな!」と言い放ち、数々の暴言を吐いたという。

 その時はまったくウケることはなく、さらに騒動を起こしたことで「もうクビだろうなとおとなしくしていた」という2人。だが1週間後、この話を聞いた千原ジュニアから、「それ面白いから俺らの番組でやってみよう」と提案されたという。

 それが、テレビ局の楽屋でケンカしている2人を、先輩芸人が順番に止めに行くという企画。坂井はこのケンカ芸誕生に際して「一応ジュニアさんが恩人なんですけど」と前置きしながら、「僕が尊敬してるのはダウンタウンさんであって、ジュニアさんは全然尊敬してない」と暴言。金ちゃんから「わざわざ言わなくていい」と止められていた。

 2014年11月16日、『ざっくりハイタッチ』(テレビ東京系)で、「鬼越トマホークの喧嘩を止めよう」という企画の第一弾が放送されている。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top