ガンバレルーヤよしこ、中学時代はヤンキーに憧れ「鉄パイプ持ってる人を好きに……」 | RBB TODAY

ガンバレルーヤよしこ、中学時代はヤンキーに憧れ「鉄パイプ持ってる人を好きに……」

エンタメ その他
ガンバレルーヤ/よしこ【写真:竹内みちまろ】
  • ガンバレルーヤ/よしこ【写真:竹内みちまろ】
 ガンバレルーヤよしこが、18日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演。中学時代の思い出を語る一幕があった。


 この日は同じくゲストとして夏木マリも登場。彼女は外出自粛期間中に再放送されていた『野ブタ。をプロデュース』(同系)のキャストとしても話題となった。久本雅美から「自分で見ていてどうだった?」と聞かれた夏木は、「旦那さんと『15年前って(お互い)知り合っていたっけ?』などと盛り上がった」と回答。

 続けて久本が、「ガンバレルーヤは15年前、何していた?」と質問。これに対してよしこは「15年前は14歳、中2だった」と答えた。さらに「(当時)ヤンキーが大好きで、憧れていた」と告白。「とにかく鉄パイプを持って登校している人、片っ端から好きになってましたね」と明かすと、夏木も大笑いしていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top