爆笑問題・田中、実はアナウンサーになりたくてこの世界へ | RBB TODAY

爆笑問題・田中、実はアナウンサーになりたくてこの世界へ

エンタメ その他
爆笑問題・田中裕二【写真:鶴見菜美子】
  • 爆笑問題・田中裕二【写真:鶴見菜美子】
 爆笑問題・田中裕二が、15日放送の『太田伯山』(テレビ朝日系)で、芸能界入りの意外なキッカケを明かした。


 番組ではまず、神田伯山のファンが誰なのかで盛り上がった。例えば嵐・松本潤。これについては伯山本人も「あそこはいいラインでしたねぇ」と、自画自賛。

 続けてハナコは誰を応援しているのかという話になった際、同じ事務所の大先輩・ネプチューンの名が挙がった。だが、それは「応援」というよりも「尊敬」している側面が強いが、とりわけ岡部大は、俳優業をこなす原田泰造に憧れていると語った。

 すると、これを聞いていた田中が喋りたくなったのか、思わず「俺はアナウンサーになりたかった」と叫んだ。このまさかの告白にハナコは「えっーすごいなあ」と驚き。ちなみに元TBSアナで、現在はフリーの生島ヒロシに憧れたそう。

 また田中は「お笑いなんて1回も目指したことはない。なりゆきで来ちゃったけど」と振り返ると、そんな爆笑問題の地位について伯山は「それでここまできたんだ」真剣にとびっくりしていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top