中村蒼、『エール』出演で“朝ドラ”反響の大きさに驚き「影響力感じた」 | RBB TODAY

中村蒼、『エール』出演で“朝ドラ”反響の大きさに驚き「影響力感じた」

エンタメ ブログ
画像は中村蒼オフィシャルブログより
  • 画像は中村蒼オフィシャルブログより
  • 画像は中村蒼オフィシャルブログより
 俳優の中村蒼が27日、自身のブログを更新。出演中のNHK連続テレビ小説『エール』について語っている。

※新連載スタート【はるなのテレワーク環境構築】

 俳優の窪田正孝が主演を務める同ドラマは、前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した昭和の音楽史を代表する福島県出身の作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子氏をモデルにした夫婦の物語。古関氏をモデルにした天才作曲家・古山裕一を窪田が演じ、妻役のヒロインを女優・二階堂ふみが務める。中村は、裕一の幼なじみ・村野鉄男を演じている。

 中村はこの日、「影響力」と題してブログを更新。東京から離れた所で撮影をしていたことを明かした上で、撮影については「エールではなくまた別の作品です。発表をお楽しみに!!」とコメント。また、「撮影中は暑すぎて途中溶けそうになりました」と振り返りつつ、 「皆さん熱中症には注意しましょう!」などと注意を呼びかけ。

 続けて、「先日 叔母から 祖母の実家の人から毎朝ドラマ観てますって連絡きたよーって連絡きました。←なんか変な文章 伝わるかな?笑」といい、「これまでそんな事無かったのに本当に 朝ドラの影響力というものを感じました」と綴った。最後は「写真は相変わらず本文とはなんの関係もない」と、“いつか”の取材時の写真でブログを締めくくった。

 中村の投稿に対しては、「『エール』本当に面白いです。鉄男くん大好きです!!」「ここ最近の朝ドラの中でも、すごくおもしろい」「毎朝エールから元気を貰っていますよ」などの声が寄せられている。
《KT》

関連ニュース

page top