ノブコブ吉村、父の真実を告白……思い出の店からのメッセージに感涙 | RBB TODAY

ノブコブ吉村、父の真実を告白……思い出の店からのメッセージに感涙

エンタメ その他
吉村崇【写真:竹内みちまろ】
  • 吉村崇【写真:竹内みちまろ】
 平成ノブシコブシ吉村崇が、13日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)にリモート出演。父親との思い出を語った。


 彼が「人生最高の一品」に選んだのが、札幌・すすきのにある寿司店「鮨処うえの」。幼少期に両親が離婚し、父子家庭で育った吉村だが、ここは父親に初めて自分のお金でごちそうした店なのだとか。

 芸人としての下積み時代が長かったという吉村。同期のNON STYLEやキングコングが売れていく中、ようやく生活できるようになったのが28~29歳のころ。だがそれまでの売れない時期は、北海道にいる父親から仕送りしてもらっていたそう。

 だが、実は父親は、そんな仕送りのお金を工面するため、親戚に頭を下げて借りていた事実を、吉村は「最近知った」のだとか。「俺は親父が普通に出してくれてると思ったんですけど……」と後悔の念しきり。

 そのことを知った吉村は、「お返しをしないといけない」と、父親をこうした寿司店などに一緒に行っては親孝行をしていると告白。ここで、そんな「うえの」のご主人と女将さんからメッセージVTRが到着した。

 「吉村くんが出ている番組は自動録画して見ている。毎日吉村くんの笑いで元気をもらっている」と女将さん。さらにご主人からは「またお父さんと一緒に食べに来てくれる日を楽しみに待ってます」と温かい声をもらった吉村は「うわあ嬉しいなあ」と言いながら目を潤ませた。

 彼の意外な姿に気づいた加藤浩次が「泣いてる?」と質問。島崎和歌子も「泣いてるよ!」と証言。だが吉村は「いや、いやもしそうだとしても『泣いてる?』って聞いちゃダメなのよ」とクギを刺していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top