NMB48、初のオンライン生誕祭で3月24日以来の劇場公演再開 | RBB TODAY

NMB48、初のオンライン生誕祭で3月24日以来の劇場公演再開

エンタメ その他
安田桃寧 生誕祭 (C)NMB48
  • 安田桃寧 生誕祭 (C)NMB48
  • 山本望叶 生誕祭(C)NMB48
  • 山本望叶 生誕祭(C)NMB48
  • 山本望叶 生誕祭(C)NMB48
  • 山本望叶 生誕祭(C)NMB48
  • 安田桃寧 生誕祭 (C)NMB48
  • 安田桃寧 生誕祭 (C)NMB48
  • 安田桃寧 生誕祭 (C)NMB48
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため休館していたNMB48劇場が
6月8日、無観客で公演を再開。ネット配信サービス「DMMオンデマンド」の配信チャンネル「NMB48 LIVE!! ON DEMAND」にて、オンライン生誕祭が開催された。


 この日行われたのは、「山本望叶 生誕祭」および「安田桃寧 生誕祭」。劇場での公演は3月24日以来のことで、オンラインにて生誕祭が開催されるのは史上初のこと。「山本望叶 生誕祭」には小嶋花梨、塩月希依音、「安田桃寧 生誕祭」には堀詩音、水田詩織がそれぞれ出演。3月11日に18歳になった望叶と、この日19歳を迎えた安田を祝福した。

 2019年12月29日より休養していた山本は、今年3月に活動を再開したばかり。公演では、「お休みをいただく時、NMB48を卒業するつもりでいました」と本音を明かす場面も。その際には、「休養期間中にNMB48のことも客観的に見ることができて、NMB48は本当に温かくて素敵なグループだと改めて気づきました。そして、なんで辞めようとしていたんだろうと、自分がこんなにもNMB48が好きだったことに気づきました」と、これまでの心境も吐露して公演を終えた。

 「安田桃寧 生誕祭」では、主役の安田桃寧が元気よくステージに登場。公演中に上映された映像はメンバーの堀が編集したと知り、「今すぐ抱き着きたい!」と喜びつつも、「この距離!!」とソーシャルディスタンスにもどかしさも見せる一幕もあった。安田は19歳の目標について「私がセンターを務める曲が欲しいです。まだ代表曲がないので、センターで胸を張って踊る姿を皆さんに観ていただきたいです」と意気込み。「もっともっと前に進んで行けるように、自分と重なるところもあるので大好きなこの曲を歌わせていただきます」と、最後は「初めての星」をパワフルに歌唱した。

 オンライン生誕祭は6月10日に「原かれん生誕祭」「村瀬紗英生誕祭」が生配信。ほか、「NMB48の難波自宅警備隊」と題したYouTube生配信も展開される予定。
《KT》

関連ニュース

page top