小倉智昭、検察庁法改正案抗議投稿の拡散に「どなたが怒っても当然」 | RBB TODAY

小倉智昭、検察庁法改正案抗議投稿の拡散に「どなたが怒っても当然」

エンタメ その他
小倉智昭【撮影:浜瀬将樹】
  • 小倉智昭【撮影:浜瀬将樹】
 小倉智昭が11日放送の『とくダネ!』(フジテレビ)で検察官の定年を延長する検察庁法改正案に対してネット上で反発の声が相次いでいることについて「どなたが怒っても当然」との見方を示した。


 番組ではSNS上に「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグとともに多くの反発の声が書き込まれ、さらに歌手のきゃりーぱみゅぱみゅや「いきものがかり」の水野良樹、女優の小泉今日子、俳優の浅野忠信といった芸能人からも抗議の声がSNS上で上がったことを伝えた。

 小倉は「これはどなたが怒っても当然だと思う」と言い、「(東京高検検事長の)黒川さんを検察のトップにしたいがためにこういうふうに法律を変えるんでしょ?ってみんな思うわけですから。よほどその方が政府は都合がいいんですかね」と語った。

 コメンテーターの夏目剛氏は「国家公務員全体の定年の延長を包括的に提案している中の1つがこの検察庁の話なので」と一概に批判はできないとした上で、「せっかく議論が巻き起こっているのであれば、公務員っていうものの存在をどういうふうにしていくかっていうのを議論してほしいなと思います。本当に定年を延長していいのかなというのも含めて色々な角度で議論したらいいと思います」と話した。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top