金爆・鬼龍院「バンドやるより芸人になりたかった」 | RBB TODAY

金爆・鬼龍院「バンドやるより芸人になりたかった」

エンタメ その他
鬼龍院翔【写真:田中】
  • 鬼龍院翔【写真:田中】
 ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が19日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演し、若い頃はお笑い芸人を目指して吉本興業の養成所に入ったものの、同期生たちの実力に圧倒され断念した過去を振り返った。

 若い頃、ビジュアル系バンドに憧れたものの「それより芸人になりたいという目標が先にあった」と語る鬼龍院。吉本の養成所時代には、今のしずるの池田一真とコンビを組んでいたが、同期にいた池田やハリセンボンなどの実力に圧倒され、「この世界じゃ無理だ」と考えて、2番目にやりたかったバンドへ転身したという。

 そのバンド活動がいつしか本気になったきっかけは、20歳ぐらいのとき経験した失恋だった。「1週間ぐらいしかつきあってないのにその失恋が痛すぎて、思い残すことないな、死のうかと思ったときに、なぜか気分が変わって、一回死ぬ気でやってみようかと。それから異常なぐらいバンドのことやるようになった」と語り、その失恋が「いい原動力になった」と明かした。

 「水商売をやめてくれないか」など独特のネガティブ感漂う楽曲が多い点については、「中島みゆきさんが好きで、みゆきさんには失恋の歌が多い。僕もそれに憧れているので、ポジティブな曲を作りたいとは思ってない、というのが僕のスタイルの中にある」と語った。
《角谷》

関連ニュース

page top