コロナ感染のグラビアアイドルが明かす「軽症患者」のリアルにネット衝撃 | RBB TODAY

コロナ感染のグラビアアイドルが明かす「軽症患者」のリアルにネット衝撃

エンタメ ブログ
 新型コロナウイルス感染を公表したグラビアアイドル・ソラ豆琴美のTwitterが注目を集めている。


 ソラ豆は今月14日に自身のTwitterで新型コロナウイルスの検査を受け、陽性と診断されたことを報告。そして医師から「軽度の感染者」と診断されたことを明かし、軽症患者のリアルをTwitterに投稿した。

 ソラ豆は「自分は軽症で済む」という甘い考えで、新型コロナを軽視する若者に警鐘を鳴らす。軽症患者のそら豆は現状について「とにかく苦しい」とつづり、自身が体験した39度台の発熱、咳、嗅覚・味覚異常の症状などを紹介。そして「ずっと汗だくでパジャマとシーツを濡らしながら暑い、寒いを繰り返しました。これが“軽度のコロナ感染者”の症状です」と辛い闘病の様子をつづった。

 さらにソラ豆は新型コロナへの治療効果が期待されるアビガンを投与するに至った貴重な経験も記している。ソラ豆は当初、医師から適応外処方でアビガンを投与するかと聞かれ、医療費の心配もあり断っていたという。加えてアビガンには副作用があるといった話もあり、ソラ豆は「女性には特にとても安全とは言えません」とつづった。しかし、状況の悪化を受けソラ豆は投与を決断。不安もあったようだが、飲み始めると症状が和らいでいくのが実感できたという。

 そして投稿の中でソラ豆は外出自粛の中で無観客ライブやレッスンをしようとしているアイドルにについても言及。「みんなほんとうにいろいろな理由があって仕方ないの、すごくわかります」とした上で、「でも電車に乗って行くんだよね……? 一つの場所に何人かで集まるんだよね……? すごくすごく心配です」と身を案じ、「どうかみんなが今一度、しっかりお家で過ごせますように」と願った。

 この投稿は情報番組などでも取り上げられ、ネット上でもこの軽症患者の実態に「やっぱりコロナは怖いと改めて思いました」「軽症と報道されてる患者でこの状態なのか」と衝撃を受ける声が多数上がっている。

《松尾》

関連ニュース

特集

page top