ドラマ『M 愛すべき人がいて』いよいよスタート!安斉かれん、田中みな実らキャストがコメント | RBB TODAY

ドラマ『M 愛すべき人がいて』いよいよスタート!安斉かれん、田中みな実らキャストがコメント

エンタメ 映画・ドラマ
ドラマ『M 愛すべき人がいて』いよいよスタート!安斉かれん、田中みな実らキャストがコメント
  • ドラマ『M 愛すべき人がいて』いよいよスタート!安斉かれん、田中みな実らキャストがコメント
  • ドラマ『M 愛すべき人がいて』いよいよスタート!安斉かれん、田中みな実らキャストがコメント
  • ドラマ『M 愛すべき人がいて』いよいよスタート!安斉かれん、田中みな実らキャストがコメント
  • ドラマ『M 愛すべき人がいて』いよいよスタート!安斉かれん、田中みな実らキャストがコメント
  • ドラマ『M 愛すべき人がいて』いよいよスタート!安斉かれん、田中みな実らキャストがコメント
  • ドラマ『M 愛すべき人がいて』いよいよスタート!安斉かれん、田中みな実らキャストがコメント
  • ドラマ『M 愛すべき人がいて』いよいよスタート!安斉かれん、田中みな実らキャストがコメント
 テレビ朝日とAbema TVによる初の共同制作ドラマ『M 愛すべき人がいて』が、4月18日より放送・配信される。このほど、主要キャスト6名がコメントを発表した。


 同作は、浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れが描かれた『M 愛すべき人がいて』(小松成美著・幻冬舎刊)を原作に連続ドラマ化。安斉かれんが、頂点へと上り詰めていく平成の歌姫・アユ役、三浦翔平がカリスマプロデューサー・マサ役、白濱亜嵐がマサの右腕となる流川翔役、田中みな実が狂気を秘めた眼帯の秘書役・姫野礼香役、田中道子が大浜のクールな秘書・吉田明日香役、高嶋政伸が最凶のラスボスとなる大浜社長役で出演している。

 主演の安斉は同作について、「初めてのお芝居で凄く緊張していたので、自分なりにどうやってこのドラマがより良い作品になり、見ている方にどう伝わるかを考えながら、沢山台本を読んだり、ご本人のMVなどを見たりしてイメージを膨らませていました。時間軸の長いストーリーなのでどう表現するかがとても難しかったです」とコメント。

 三浦は、「撮影中の現場に松浦さんご本人が来てくださって、『全然大丈夫ですので、好きな様にやって下さい』と言って頂き、それまで自分の中で持っていた多少の迷いが吹っ切れました」と撮影の舞台裏を明かしたほか、白濱は「今はストリーミングなどデジタルコンテンツも多いのですが、当時はCDというものが一つの音楽の媒体、コンテンツとして一番身近なものだったんだなと感じました。そして、やはり国民的ヒットソング、スターアーティストが次から次へと出てくるので、世の中の人が日本の音楽に対して全く飽きない時代だったんだなぁと羨ましく思います」と現在と、現在の音楽業界との違いを説明。

 田中みな実は「スケールが大きすぎて、自分がこれまで経験してきたことがちっぽけに思えてなりません(笑)今回のドラマは共感できないところに面白さを感じています。人間のドロドロした触れてはいけない部分を存分に堪能できる本作をいち視聴者としても、とても楽しみにしています」と見どころをコメント。田中道子は同作の感想について「今とは違うドキドキを味わいました。バブリーということもあってやることも大胆だし、服装やメイクも大胆、話の表現も大胆で大きな流れが作られていく様に、当時への憧れが芽生えてきました。バブリーを経験した方もしてない方も観て楽しめる作品だと思います!」と語った。

 最後に、高嶋は視聴者に対し「エンターテイメントのトップを走るアユの、そして、マサの光と影を、大ヒット曲に乗って、じっくりと楽しんでください!」と呼びかけている。

 ドラマ『M 愛すべき人がいて』は、4月18日スタート。テレビ朝日系では同日23時15分より放送、AbemaTVでは深夜0時5分より配信される。
《KT》

関連ニュース

page top