松本伊代、伝説のゴーストライター事件から36年「まだ読んでない」 | RBB TODAY

松本伊代、伝説のゴーストライター事件から36年「まだ読んでない」

エンタメ その他
松本伊代【写真】non
  • 松本伊代【写真】non
 松本伊代が、21日放送の『有吉大反省会』(日本テレビ系)に出演。ゴーストライターによる代筆だったエッセイ本について、改めて言及する一幕があった。


 松本は36年前の1984年、深夜番組『オールナイトフジ』(フジテレビ系)の中で、自身の著書であるはずの『伊代の女子大生モテ講座』を宣伝。ところが「私も今日初めてこれを見たんで、私も読んでない」と、ゴーストライターの存在をカミングアウトし、話題となった。

 この“事件”について有吉弘行から「散々言われましたよね?」と質問。すると彼女は「そうですね、だいぶ免疫がついてきました」と回答。有吉が「全く書いてないんですよね?」と再び確認すると、彼女は「そうです、未だに内容がよく分かってない」と回答。これには有吉も「まだ読んでない!?」と驚き。

 大久保佳代子が「マネージャーから、他の人が書いているという説明はなかったのか」と聞くと、松本は「そんなのは一切なかった」と、あっさり。バカリズムは「そもそも『書いた、書いてない』の話なのに、『読んだ、読んでない』の話になってる」と、あきれ顔で指摘していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top