ハライチ澤部、コンビ解散危機を回顧 『M-1』決勝前の衝撃事件も告白 | RBB TODAY

ハライチ澤部、コンビ解散危機を回顧 『M-1』決勝前の衝撃事件も告白

エンタメ その他
澤部佑(ハライチ)【錦怜那】
  • 澤部佑(ハライチ)【錦怜那】
 ハライチ澤部佑が、17日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。コンビ解散危機の過去とともに、『M-1グランブリ2010』(同系)での衝撃的な事件も明かした。


 ある2人を密室で飲ませたらどうなるかを検証するコーナー「もしもこんな2人を飲ませたら」。アンタッチャブル山崎弘也と対談した澤部は「辞めようと思ったことは?」と聞かれると、「解散みたいなのはありました」と告白。

 そもそも漫才を作っているのは相方の岩井勇気だが、それに対し澤部が「面白くない」と指摘したところ、「(岩井から)バンって、いきなりブン殴られた」と回顧。「殴られて泣きながら『解散しようか……』と、岩井に切り出した過去を明かした。

 さらに澤部は2010年、7位に終わった『M-1』での事件も語った。基本的にネタを本番当日に渡されるのが2人の間の通例のようだが、その決勝のときも当日に渡されたそう。ただしツッコミの部分は書かれておらず、澤部に任されていたため彼がいろいろ提案。だが岩井から「そこはもっと……」などと指示を出していたため、澤部が「じゃあ、もっと早くネタをくれよ」と訴えると、「(岩井が)携帯のカドで(殴ってきた)」と述懐。

 驚きの告白に山崎が「DVじゃん!」とドン引きすると、澤部も「DVコンビです」と認めていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top