朝比奈彩、鬼の応援部に入部!プロ根性にSNS感動「ますます好きに」 | RBB TODAY

朝比奈彩、鬼の応援部に入部!プロ根性にSNS感動「ますます好きに」

エンタメ その他
朝比奈彩【撮影:竹内みちまろ】
  • 朝比奈彩【撮影:竹内みちまろ】
 朝比奈彩が、26日放送の『BACK TO SCHOOL!』(フジテレビ系)に出演。そのプロ根性にSNS上では感動が広がっている。


 この日、朝比奈が“入部”したのは、スポーツ強豪校・岐阜商業高校の「女子だけの応援部」。男子部員が減少し、2007年から女子だけで活動しているが、最近はその女子部員も減少。

 そこで新入部員を確保するべく、学生時代に陸上部だったという朝比奈にオファーが。部員たちから「経験がない女子でも、カッコいい応援ができることを証明してほしい」とお願いされた。

 だがこの部には「先輩の前では小声でしゃべる」「部活中は一切笑わない」といった鉄の規律があることが判明。また基礎練習も、「太鼓を叩いている間は全力で声を出し続ける」、「500ミリリットルのペットボトルを両手に持って腕の筋肉を鍛える」など厳しいメニューがあった。

 さらに朝比奈は、校歌が流れる際、部員全員が一糸乱れず高速で腕を振り回す動きも習得することに。だが3時間練習するも、その振りが覚えられず、自主練用に動画撮影していた。

 2日目。なんとか腕の振りは覚えたものの、他の部員と揃わず、顧問から「しっかりやれ!」と檄を飛ばされる朝比奈。部活終わり、同じ部員の家にお邪魔させてもらい、そこで2時間特訓することに。

 最終日となる3日目の昼休み。全校生徒たちの前で新入部員獲得のための応援パフォーマンスが始まった。学ラン姿の朝比奈の腕の振りは他の部員と完璧にシンクロ。特訓の成果が実った瞬間だった。

 これを見た顧問も「朝比奈くんは通常、校歌の振りを覚えて人前で披露するのに半年かかるのを、2日半でマスターした」と評価し、「プロというのは決められた期限に必ず答えを出す。立派だと思います」と絶賛。これまで厳しかった顧問の言葉に朝比奈は感涙。また最後に「こんな素敵な部活がなくなるのはもったいない」と入部を勧誘していた。

 そんな朝比奈のプロ根性にSNS上では「震えたし泣いた」「カッコよすぎてファンになった」「ますます好きになった」など、感動コメントが続々と寄せられている。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top