清原翔、『めざましテレビ』2月担当のプレゼンター決定に「朝が苦手、僕に務まるのかな?」と不安も | RBB TODAY

清原翔、『めざましテレビ』2月担当のプレゼンター決定に「朝が苦手、僕に務まるのかな?」と不安も

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 俳優の清原翔が、フジテレビ系情報番組『めざましテレビ』にて、2月担当のプレゼンターに決定した。


 清原は2013年に雑誌『MEN’S NON-NO』専属モデルとしてデビューし、2016年より俳優活動をスタート。NHK連続テレビ小説『なつぞら』(2019年)では柴田照男役をオーディションで射止めたほか、『死役所』(テレビ東京)では一風変わった役どころを演じた。さらに、現在放送中の『アライブ がん専門医のカルテ』では主人公とともに腫瘍内科で働く、クールで冷静沈着だが熱い思いを秘めている2年目の研修医・結城涼を演じている。

 清原が『めざましテレビ』にスタジオ生出演するのは初めてであり、情報番組のプレゼンターには初挑戦となる。番組では、6時台のエンタメコーナーをはじめ、「イマドキ」「めざましじゃんけん」に加え、生原稿読み、7時台からはMCとして番組終了まで登場する。

 清原は今回の決定について「“僕に務まるのかな?”と思いました。朝が苦手なので(笑)」と不安げなコメント。番組での意気込みについては「朝に出演するということで、爽やかな風を皆さまにお届けできればいいなと思っています。早起きも頑張ります!よろしくお願いいたします!」と語った。清原の出演は、2月5日、11日、19日、26日。
《KT》

関連ニュース

page top