ROLANDが「NEWS AWARDS 2019」受賞、“ROLAND節”全開トークで会場を沸かす | RBB TODAY

ROLANDが「NEWS AWARDS 2019」受賞、“ROLAND節”全開トークで会場を沸かす

エンタメ その他
ROLANDが「NEWS AWARDS 2019」受賞、“ROLAND節”全開トークで会場を沸かす
  • ROLANDが「NEWS AWARDS 2019」受賞、“ROLAND節”全開トークで会場を沸かす
  • ROLANDが「NEWS AWARDS 2019」受賞、“ROLAND節”全開トークで会場を沸かす
 “ホスト界の帝王”と称される実業家のROLAND(ローランド)が16日、都内にて開催された、2019年を彩る“話題の人”をLINE NEWSが独自の基準で選出・表彰する「NEWS AWARDS 2019」授賞式に出席した。

 ROLANDは、同アワードを実業家・政治家部門で受賞。受賞スピーチでは、「僕が大事にしている言葉で、“もし夢や目標を語ったときに100人中100人に『できない』と言われたら、諦めるのではなく、その100人全員が間違っていると証明すればよい”という言葉があります」といい、「(実業家になることについて)『ホスト出身のお前にできるわけがない』、『ホストに何ができる』と100人中100人に言われました。この受賞はそういった100人の人間に対してのひとつのアンサーになったのではないかなと思います」と胸を張った。

 トークでは、ROLANDは、「令和になるのとちょうど同じくらいのタイミングで社長業を始めたので、今年は変化の一年だったのかなと思います」と2019年を振り返った。今年一番心に残ったニュースは、元号が代わったことだそうで、「平和になりたいという“和”と、ROLANDの“R”を掛け合わせて“令和”ですよね」とROLAND節を炸裂させた。

 著書「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」も話題のROLANDは、自身にとっての2019年の漢字を尋ねられると「俺」と回答。「2020年にはどんな言葉がキーワードになると思いますか?」との質問には、「ROLANDが本気を出したら、オリンピックの輪をひとつくらい増やせてしまうので、『五輪』なのか、『六輪』なのか」と軽快なトークで会場を沸かせつつ、「オリンピックにちなんだ言葉が入ってくるのではないかなと思います」と声を弾ませた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top