結婚発表の二宮和也、現在の心境を明かす「変わらず応援して頂けたら」 | RBB TODAY

結婚発表の二宮和也、現在の心境を明かす「変わらず応援して頂けたら」

エンタメ その他
二宮和也【写真:竹内みちまろ】
  • 二宮和也【写真:竹内みちまろ】
  • 櫻井翔【写真:竹内みちまろ】
  • 櫻井翔、二宮和也【写真:竹内みちまろ】
 嵐の二宮和也、櫻井翔が16日、都内にて開催された「2020年用年賀状 受付開始セレモニー」に出演した。

 二宮は、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「BAY STORM」(bayfm)にて結婚を発表。講壇時、報道陣から二宮に「おめでとうございます」と祝福の声が飛んだ。「(年賀状が)今年は連名になりますね」と声を掛けられると、「考えていませんでしたが、確かにそうですね」とコメントし、報道陣の質問に丁寧に答え、結婚発表に関して語った。

 現在の心境を尋ねられると、二宮は「今回の結婚のことに関してですけど、やはりこういう報告はどうしても突然になってしまいますから」といい、「ファンの人たちにはずっと心配を掛けてしまいましたし、また、(嵐の)他の4人のメンバーにも、もちろん前からちゃんと伝えてはいますけど、こういう決断をすることで色々なところで余波もあるでしょうし、色々と迷惑を掛けてしまったということは本当に申し訳なく思っています」と言葉にした。

 結婚発表のタイミングについては、「これからも約1年、活動を続けていくわけで、そこは変わらずに頑張っていこうということもありますし、11月3日にありがたいことに20周年を迎えさせて頂いて、そこから新しいことへの挑戦の発表も含めて」などと告げ、嵐がアジアの各都市を訪問する企画「ジェットストーム」などが無事に終わったことなどに触れ、「いち段落付いたところがそこだったので、そこをタイミングとして決断しました」と説明。

 「自分のタイミングとしては、『20年を超えてから。そこまではファンの人たちと一緒に』という思いもありました。結婚したからといって、それが完全になくなるわけではないですし、より一層、自分は前を向いて頑張っていかなければならないなというタイミングがそこだったのかなと」とも。

 嵐の他のメンバーについては、「それぞれの思いはあると思います」と告げ、「『コンサートツアーが終わるまで待ってほしい』という人も、もちろんそれはいます。自分も歩み寄らないわけでもなかったので、ちゃんと歩み寄って、自分のタイミングというものを報告させてもらって、『僕はこういう決断をさせてもらいます』ということを言って、(発表)させて頂いたという感じです」と語った。

 「結婚をする前と後ということではなく、本当に変わらずに、二宮和也として、嵐として頑張っていきたいなと思っていますし、変わらず応援して頂けたら、ありがたいなと思っています。これからもどうぞ、よろしくお願いします、という感じがしております」と声を弾ませた。「ファンの方がハッシュタグで『#二宮和也死ぬ気で幸せになれ』と書いていましたが」と声を掛けられると、「そんなことを言ってもらえて、本当に有難いです」と笑顔を弾けさせていた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top